医療業界の仕事について

医療業界の仕事について記事一覧

医師が不足している原因とは?

「医師が無制限に増えると、国民医療費総額が増える。そうなると国家予算にも影響が出て国家の危機となりかねない。」これは医療費亡国論という学説で、国はこれを長い間支持してきました。その為に医師の数は、国によって厳密に管理されてきたのです。その結果、医師不足の問題が起こってきています。日本では医師の数は、...

≫続きを読む

 

医学部の志望者が増え続ける現状

競争率は20倍を超える医学部の入学試験。超難関の試験合格者は、浪人生が60%を超えます。入学後も、試験試験で6年間を過ごします。卒業試験と医師国家試験をクリアしなければなりません。人の命に関わる仕事だけに、厳しい試練を乗り越えなければなりません。国内の大学で医学部は80あります。文科省管轄で79(国...

≫続きを読む

 

研修医制度とは、どんなものなのか?

現在、医師不足問題が深刻化しています。新臨床研修制度が一因といわれます。政府は、研修医改革を行いました。目的は正当であっても、弊害を招くこともあります。今回はそれに該当します。再改革を求める声は強いのですが、具体策は見えていません。医学部を卒業した学生で医師国家試験に合格すると医師免許を取得します。...

≫続きを読む

 

准看護師の資格と仕事内容について

准看護師の給料は、正看護師に比べて安いのです。日本看護協会はこの制度の廃止を望んでいますが、日本医師会は存続を希望しています。政府は、双方の言い分を聞き方針を決めようとしていますが、今はその時期ではないようです。実際は「正看」資格を持ち働いたほうが有利です。看護師には「正看」「准看」の2種類の資格が...

≫続きを読む

 

看護師になるには?国家試験の受け方などを紹介します。

看護師は古くから女性のあこがれの職業です。その数は、毎年15万人が看護師養成機関を受験し、5万人が入学を果たしています。そして毎年4万5000人程が国家試験合格者となり新たな正看護師として現場に出ているのです。看護師になるには、高校卒業が必須です。その後、看護師養成所・看護専修学校(3年)、または看...

≫続きを読む

 

認定看護師の資格とは何か?

看護師のキャリーアップまたはステージアップの道筋で、「認定看護師資格」は定着してきたようです。全19分野に登録者数4500名若まで普及拡大しています。医療分野はニーズが高く、これからの発展に期待したい分野です。1995年に日本看護協会による「認定看護師制度」がスタートしました。これは複雑・高度化する...

≫続きを読む

 

認定看護師の仕事内容について

日本看護協会の定める認定看護師資格は、1995年に「救急介護」「皮膚・排泄ケア」の2分野から始まりました。その後、社会のニーズに応えて分野を拡大してきました。今では19分野で認定看護師を育成するようになっています。@集中ケア分野生命の危機状態にある患者の病態変化を予測し、重篤化を回避するための援助。...

≫続きを読む

 

保険師の資格と仕事内容について

保健師とは、看護師免許と保険師免許を両方持っています。所定の専門教育を受け、地区活動や健康教育・保健指導などを通じ、疾病予防や健康増進の公衆衛生活動を行う専門家です。主に、市町村等に勤務しています。健康教育や健康相談が担当です。保健師は、保健師助産師看護師法で認められた国家資格です。定義は「厚生労働...

≫続きを読む

 

出産難民の増加により助産院と助産師が増加している

最近、開業助産所が注目を集めています。産婦人科医の減少で出産難民が増加しているのです。全国で330の助産所しかありません。今後これを増やしていく方法が課題です。助産師免許を持っている看護師は相当数います。彼女たちを助産業務に導く行政の対策と運用への指導が必要です。「出産難民」という言葉が最近多く聞か...

≫続きを読む

 

養護教諭になるには?子供の健康を守る大切な仕事です。

大学の教員養成課程の養護教員専科を卒業すると、養護教諭の免許が取得できます。現代はこころとからだが蝕まれる世相です。子供たちも例外ではありません。学校の保健室での養護教員はその意味では重要な役割を担っています。養護教諭は、学校に勤務して子供の健康を専門に担当する教師です。「保健の先生」といって普通の...

≫続きを読む

 

薬剤師の成り立ちと医薬分業について

医薬分業は、薬剤師の成り立ちと深く関わっています。その思想は「医師は診療、薬剤師が調剤」と明確に職務を分担することです。古代に毒殺防止から始まったこの医薬分業は、現在では医師と薬剤師が各々、専門知識をもち特化することで、よりよい医療を目指し貢献しています。日本でもやっと、本質的な医薬分業が定着してき...

≫続きを読む

 

薬剤師になるには?業務内容と資格の取得について

医学・薬学は、日進月歩で進化しています。また、医薬分業が確立し、薬剤師の業務は専門的かつ特化されつつあります。薬剤師の免許取得も薬学部が4年制から6年制大学へ移行したため、実質的な引き上げとなりました。薬剤師の業務は、主として「処方せん監査」「調剤」「服薬指導」です。日本薬剤師会の調剤指針は「医師、...

≫続きを読む

 

医薬品販売業と登録販売者制度について

登録販売者というのは、医薬品の店舗販売業者(医薬品販売業)などで、医薬品リスク区分第二類および第三類の一般用医薬品を販売するのに必要な資格です。2009年6月1日より施行で、都道府県の実施する試験に合格し、販売従事登録をした者をいいます。医薬品には2種類あります。誰でも自由に購入できる大衆薬(一般用...

≫続きを読む

 

歯科医師の免許と仕事内容について

政府の見通しでは、人口10万人に対して50人の歯科医師が必要との予測でした。そのため、歯科大や大学歯学部が増設された結果、予想外の医師過剰を招きました。対処として、入学定員の削減、歯科医師国家試験の合格率調整を行い、歯科医師総数の減少を行っています。歯科医師は、古代からあった職業です。紀元前2500...

≫続きを読む

 

歯科衛生士になるには?資格取得と仕事内容を解説します。

歯科衛生士というのは、歯科医での「看護師」です。国内に6万7000名ほど資格取得者がいます。その殆どが、開業歯科医院に勤務しています。資格は2年間の専門課程を履修し、歯科衛生士国家試験に合格すれば得ることができます。実質上は、歯科衛生士の大部分が女性です。世界中30以上の国々では、歯科衛生士は法令資...

≫続きを読む

 

歯科技工士になるには?仕事内容や資格取得について解説

歯学部教育では、歯科技工は理論のみ教育されますが、技工訓練はありません。歯科補綴物(ほてつぶつ)のほぼ100%が歯科技工士によるものです。2年間の専門教育を受けた後、試験に合格すれば認められる国家資格です。しかし、待遇面で課題があります。歯科技工士は歯科技工士免許を持ち、歯科医師が作成した指示書に基...

≫続きを読む

 

獣医師になるには?資格取得や仕事内容について

医師免許を取得すると、ほとんどが臨床現場に行きます。臨床医師として働くのです。しかし、獣医師はそうではなく、臨床医師以外に様々な現場で活躍しています。動物病院だけが就職先ではありません。獣医師になるのは、大学の獣医学科に入学後6年間の専門教育を履修します。その後に、農水省の獣医国家試験を受験しなけれ...

≫続きを読む

 

動物看護士になるためには?認定団体などで資格を取ろう

動物看護職が、動物病院で獣医師のサポートをしています。しかし、それは国家資格ではありません。民間の各団体が独自のカリキュラムで、履修させているものです。従って、非常に高度な教育機関もあれば、営利主義の「資格販売」のような業者もあります。人間の病院は、医師と看護師とで連携した治療を行います。動物病院で...

≫続きを読む

 

診療放射線技師の難易度は?資格取得や仕事内容について

かつては、3年生の短大あるいは専修学校を卒業して、診療放射線技師になるのが大半でした。しかし、臨床現場の業務の年々高度化、国家試験も難関となるにつれて4年制大学での履修者が増えました。今では、大学出の診療放射線技師が普通です。診療放射線技師は、医療において放射線を用いて患者の検査を行うことが業務です...

≫続きを読む

 

臨床工学技士とは?資格取得や仕事内容について

臨床工学技士は中〜第病院に勤務し、主に生命維持装置の保守点検・維持管理と、実際の操作を行う医療技術職です。国内養成機関は少なく、入学は厳しいものです。国家試験も難関、さらに資格所得後も、細目な資格が求められるのです。技師が少なく、病院からのニーズは高い仕事です。現在、人間の持っている機能が低下してい...

≫続きを読む

 

臨床検査技師の仕事内容とは?給料なども理解しよう。

患者の身体や採取された検体を検査して、医師の診療に必要なデータを揃えるということが臨床検査技師の仕事です。検査は最近では医学の発達と共に増加し、複雑になっています。国家試験もそれに追従するため、合格率は70%前後で推移しています。就職は安定しています。3年制の卒業で女性が多い職場です。臨床検査技師の...

≫続きを読む

 

救急救命士になるには?給料や年収なども理解しよう。

救急救命士は、今は現役の消防士が自らのスキルアップのために取得するのが大半です。一般の人が国家試験に合格しても、救急救命士の資格で就職に活かせるところはありません。救急救命士とは、事故が起こり患者を病院に搬送するまでの間の応急な処置(救急救命処置)を行うことで、迅速な搬送ができるようにすることが目的...

≫続きを読む

 

理学療法士になるには?リハビリテーションの仕事内容など

理学療法士というのは、障害が残ったり、機能の衰えた患者に対して、障害前の身体に戻したり、日常生活の動作を維持したり改善することのために、リハビリテーションを行うことができる国家資格です。理学療法士が行う業務は、運動療法・物理療法・日常生活動作の訓練・義手や義足の他車椅子など装具を使った訓練を行うこと...

≫続きを読む

 

作業療法士になるには?仕事内容や理学療法士との違いなど

作業療法士の仕事は、手芸や工作などの実際の作業を通して、障害者と直接接するものです。そこには単なる仕事としてのみならず、心身へ深く関わりを持ちます。高齢化社会を迎えて、仕事の場所が拡大しつつあります。国内に170近い養成機関があります。毎年5000名ほどが国家試験に合格しています。作業療法士は、厚生...

≫続きを読む

 

言語聴覚士および視能訓練士になるには?

言語聴覚士及び視能訓練士ともに、厚生労働大臣が認める国家資格です。言語聴覚士は音声機能や聴覚障害のある人に検査や助言、指導、訓練並びに援助を行います。視能訓練士は、視機能障害のある人に、検査、機能回復矯正訓練を行います。言語聴覚士の資格と仕事とは?言葉の障害が起こるとコミュニケーションができません。...

≫続きを読む

 

義肢装具士になるには?年収や仕事内容なども理解しよう。

義肢装具士は、厚生労働大臣の免許を受けます。医師の処方の下に義肢、装具の装部する部位を採寸、採型、制作、身体への適合を行うことが仕事です。「義肢」というのは手足を失った場合に用いる人工の手足のことです。主には、義手と義足に大別されます。義手は、外見の再現を考えたもの、すなわち装飾用と日常生活動作を行...

≫続きを読む

 

柔道整復師とは?仕事内容や資格などについて紹介。

柔道整復師という名称から、柔道の有段者か経験者が持つ資格と誤解されています。しかし、本当は柔道とは全く無関係です。街中で多く見かける「整骨院」「ほねつぎ」の正式名称は「柔道整復師」です。専門教育を受け、国家試験に合格すれば、免許が取得できます。柔道整復の定義は、「脱臼、骨折、捻挫などの筋肉骨格系の障...

≫続きを読む

 

はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の仕事内容とは?

はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師は、それぞれが独立した国家資格です。はり師ときゅう師の免許を同時に取得する人が多いです。また、これら3つの免許と柔道整復師の免許を取得して「鍼灸整骨院」を開院する人もいます。はり(鍼)というのは、鍼でツボに刺激を与えて身体を調整するもので、筋肉のコリや神経痛な...

≫続きを読む

 

整体師になるには?スポーツや美容などに関心がある人へ。

整体師やカイロプラクティク師は民間資格で、法的な資格ではありません。人体に施術をすることでは、問題が発生することによる政府の保証はありません。最近では、改めて国家試験を受け資格を取得する人が多くなっています。整体は、野口晴哉(1911〜1976)があらゆる療術を参考にして考案した民間療法です。最近で...

≫続きを読む

 

栄養士や管理栄養士になるには?仕事内容などの紹介。

戦後の日本は栄養事情が悪く、栄養失調で命を落とす人が多かったのです。そこで栄養状態の改善を目的として、1947年に栄養士法が制定され、1962年に一部改正され、栄養士と管理栄養士は分離し定義されました。栄養士は「都道府県知事の免許を受け、栄養士の名称で栄養の指導に従事する」、一方管理栄養士は「厚生労...

≫続きを読む

 

臨床心理士になるには?給料や年収などを理解しましょう。

臨床心理士は、職場・学校の人間関係から、障害、精神疾患を持つ患者のカウンセリングなどを行います。社会奉仕的な性格が強く、生活は難しいようです。また資格取得は専門の大学院に入学する必要が有り、狭き門です。臨床心理士とは、心の問題や悩みを抱えた人に対して臨床心理学的アプローチをして問題解決の援助を行いま...

≫続きを読む

 

精神保健福祉士の仕事内容とは?受験資格や難易度などを理解しよう

ソーシャルワーカーのなかで病院勤務をして、精神病患者の社会復帰を援助する仕事が「精神保健福祉士」です。社会福祉士が、キャリアアップのため資格を取得する場合も有ります。臨床心理士と違って国家資格です。身分保障もされています。精神保健福祉士は、1997年にできた比較的新しい国家資格です。その目的は、「精...

≫続きを読む

 

社会福祉士の仕事内容とは?受験資格や年収などを理解しよう。

社会福祉士の仕事には、「この資格がなければできない業務」というのは殆ありません。ただ、福祉の分野では、十分な知識を有しているという証明にはなっています。市町村でも社会福祉士を募集していますが、飽和に近づいています。社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉法」(1987年制定)で定められた社会福祉業務に携...

≫続きを読む

 

介護福祉士とは?受験資格や給料などを理解しよう。

老人介護の仕事は、無資格者でも従事できます。しかし、知識と技術が必要とされますので介護福祉士(国家資格)へのニーズは高くなっていています。業務は要介護老人の「入浴・排泄・食事その他の直接的介護」と家族介護者に対する「介護指導」の二つです。膨大な規模で国民医療費は増えています。その3分の1は、老人医療...

≫続きを読む

 

ケアマネージャーの仕事とは?受験資格なども理解しよう。

ケアマネージャーは、介護保険の運用に不可欠な業務です。仕事は「要介護者の課題分析とニーズ把握」「介護サービス担当者会議運営」「介護サービス計画(ケアプラン)の作成」「ケアプランの継続的な管理と再評価」「介護支援サービスの記録」です。介護支援専門員(ケアマネージャー)は、1997年制定の介護保険法に基...

≫続きを読む

 

ホームヘルパーの仕事内容とは?受験資格なども理解しよう。

訪問介護員は、都道府県知事の指定する「訪問介護員養成研修・2級」を終了したものです。介護保険制度でできた資格で、居宅または施設で身体介護及び家事援助が行える資格です。大半は、研修終了後に介護現場にでていきます。介護保険制度が開始された後の課題は、現場で介護を行う人材が不足していたことです。厚生省は、...

≫続きを読む

 

医療事務の仕事内容とは?資格や給料のことも理解しよう。

医療事務資格とは、医療事務のスペシャリスト育成を目指して、各団体がカリキュラムや試験を実施しています。団体独自の認定で民間資格です。仕事は、診療報酬点数計算と請求書作成(レセプト業務)が主体でかつ重要です。これを行うためには、通信教育などで学ぶ必要があります。医療事務とは、病院及び保険薬局で、事務関...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ