臨床工学技士とは?

臨床工学技士とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

臨床工学技士は中〜第病院に勤務し、主に生命維持装置の保守点検・維持管理と、実際の操作を行う医療技術職です。国内養成機関は少なく、入学は厳しいものです。国家試験も難関、さらに資格所得後も、細目な資格が求められるのです。技師が少なく、病院からのニーズは高い仕事です。

 

現在、人間の持っている機能が低下しているために、機械の力を借りなければ命が維持できない患者がいます。その機械とは人工透析装置、人工心肺装置、人工呼吸装置など総称して生命維持装置などです。これらの装置の維持と管理は看護師が行い、操作や実際の使用は医師が行っていたのです。

 

臨床工学技士とは?資格取得や仕事内容について

 

しかし、機械の進歩に伴い、複雑化し高度化した装置のご操作、ミスなど医療事故が発生し始めました。こういった事故を防止するため、専門技術職が必要となってきました。そして、現在の臨床工学技士制度ができたのです。

 

1987年、「臨床工学技士法」が制定されました。そして、国内に臨床工学技士が誕生しました。この法律下での定義は、「医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とする医療機器の専門家」といいます。

 

この資格は、医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格です。医療現場では、現在、医師、看護師、その他の医療関係者とともにチームで患者を看ています。臨床工学士もそのチーム医療の一員として患者の生命の維持をサポートしています。現在、国内に15000名の有資格者がいて、その勤務先は中〜大規模病院です。

スポンサーリンク

 

入学も国家試験も難関

 

高校卒業後、臨床工学の専門教育課程を持つ四年制大学か、3年生の短大・専修学校で修学します。修了で臨床工学技士国家試験の受験資格が得られます。国家試験に合格して、厚生労働大臣より免許が授与されます。

 

国内には24の養成学校が存在します。大学・短大4・専修学校20です。所在地は東京・大阪・札幌・仙台・愛知・神戸・高知・福岡・大分・熊本です。入学定員は総数で2000名弱です。非常に、狭き門といえます。

 

 

臨床工学技士国家試験は、年1回行われます。試験は、医学概論、臨床医学総論、医用電気電子工学、医用機械工学、生体物性材料工学、生体機能代行装置学、医用治療機器学、生体計測装置学、医用機器安全管理学の9科目です。毎年1900名ほどが受験し、合格率は70%台です。

 

資格を取り病院に勤務した後も、各学会の研修を受けて、細目資格を取らなければなりません。機器は日進月歩です。完璧に使いこなすためには研修が欠かせないのです。細目資格の主たるものは、透析技術認定士(血液浄化業務)、体外循環技術認定士(人工心肺業務)、呼吸療法認定士(呼吸療法業務)、人工高気圧治療技師(高気圧治療業務)臨床ME専門認定士(保守点検業務・安全管理業務)などがあります。

 

 

■チーム医療
医師と看護師などとの協働・連携によって、患者中心の医療を実現しようという総合的な医療体制。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ