精神保健福祉士の仕事内容とは?

精神保健福祉士の仕事内容とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ソーシャルワーカーのなかで病院勤務をして、精神病患者の社会復帰を援助する仕事が「精神保健福祉士」です。社会福祉士が、キャリアアップのため資格を取得する場合も有ります。臨床心理士と違って国家資格です。身分保障もされています。

 

精神保健福祉士は、1997年にできた比較的新しい国家資格です。その目的は、「精神障害者の社会復帰のための相談援助と日常生活訓練」です。前身は1950年代から精神科医療機関を中心に、精神科ソーシャルワーカー(PSW:Psychiatric Social Worker)の呼称で、医療チームの一員として携わってきた専門職です。近年では公的資格化されたため、人員数が大幅に増加しています。

 

精神保健福祉士の仕事内容とは?受験資格や難易度などを理解しよう

 

ソーシャルワーカーというのは、精神的・肉体的なハンディキャップを負い、社会的に孤立してしまった人達に、本人の問題を解決して社会復帰をするための手助けをするのに専門知識・技術を駆使して支援するのが仕事です。

 

同じソーシャルワーカーの国家資格として社会福祉士があります。両者の違いは、介入する対象と職場が異なります。社会福祉士は、「心身上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者」を援助する対象とします。

 

精神上の障害とは「知的障害と情緒障害」であり、精神障害は含まれません。活動範囲には医療施設が含まれないのです。精神保健福祉士は、病院で精神障害者と向き合っています。最も大きな社会福祉士との違いといえます。

 

スポンサーリンク

 

大学で専門課程を学ぶのが近道

 

我が国は、精神障害者には偏見があり、社会復帰や社会参加への支援の取り組みが遅れています。制度的にも立ち遅れていたのです。1997年の法改正によって要約支援体制が整い始めました。精神社会福祉士はその先導的立場です。活動は、医療機関、福祉行政機関、生活支援施設から司法施設やその他、範囲が拡大しつつあります。

 

精神保健福祉士になるには、当該国家試験を受験し、合格しなければなりません。受験資格は、最終学歴や職歴で違います。受験資格の得られる大学・専門学校・養成機関は200以上あります。履修科目は「基礎科目」と「指定科目」があります。

 

指定科目には「精神障害者の保健と福祉に関する専門知識や技術の他、270時間の実習があります。精神保健福祉士の国家試験受験者数は毎年7000名ほどで、合格率は約60%で推移しています。

 

 

■精神障害者
精神保健福祉法では「統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他精神疾患」とされている。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ