ホームヘルパーの仕事内容とは?

ホームヘルパーの仕事内容とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

訪問介護員は、都道府県知事の指定する「訪問介護員養成研修・2級」を終了したものです。介護保険制度でできた資格で、居宅または施設で身体介護及び家事援助が行える資格です。大半は、研修終了後に介護現場にでていきます。

 

介護保険制度が開始された後の課題は、現場で介護を行う人材が不足していたことです。厚生省は、介護福祉士にその役割をさせようとしましたが、介護福祉士の数が必要数に追いつかなかったのです。その役割は、比較的簡単に資格取得ができる訪問介護員(ホームヘルパー)の増員に方向転換されました。

 

ホームヘルパーの仕事内容とは?受験資格なども理解しよう。

 

訪問介護員は、訪問介護を行う各種資格の一つで、都道府県知事の行う「訪問介護員養成研修」の修了者です。この資格は試験合格制度ではありません。訪問介護員養成研修は、市町村社会福祉協議会や農協,NPO法人、介護保険サービス事業者などの各種団体が実施しています。

 

受講はどれかを選んですればいいです。公的機関の講習は、安価ですが開催者の決めた日時に合わせなければなりません。民間主催は費用は高額ですが、受講日は希望が受け入れられます。訪問介護員養成研修は3級から1級までの3区分あります。3級は50時間、2級は130時間、1級は130時間の研修が義務付けられています。必要な期間は、2級で数ヶ月、1級で半年程度です。

 

スポンサーリンク

 

まずは2級の取得から始める

 

ケアマネージャーの上位職を目指すなら1級の取得が必要です。そのためには、2級研修を修了していなければなりません。3級は短時間研修であり、あまり価値がないようです。実際の訪問介護員の募集の際は、2級以上が必要とされる場合が多いからです。資格の付与(研修証明書・修了証書)は研修施行者が行います。

 

資格取得後の業務は、1級取得者は訪問介護事業所でのサービス提供責任者として活動できます。後輩の育成指導屋利用者とヘルパーのコーディネートができます。2級取得者は、訪問介護においての身体介護、家事援助ができます。また老人施設においても身体介護ができます。3級取得者は、訪問介護の家事援助のみに限定です。

 

この訪問介護員(1級〜3級)は、法的な業務独占資格ではありません。無資格者が介護の実務を行ったとしても罰則はありません。ただ、最近では1級、2級の取得者のみが雇用されつつあり、事実上独占となりつつあります。

 

 

■業務独占資格
特定の資格を有している者のみが特定の業務に従事することが可能な資格。無資格ではその業務を行うことができない。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ