医療事務の仕事内容とは?

医療事務の仕事内容とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

医療事務資格とは、医療事務のスペシャリスト育成を目指して、各団体がカリキュラムや試験を実施しています。団体独自の認定で民間資格です。仕事は、診療報酬点数計算請求書作成(レセプト業務)が主体でかつ重要です。これを行うためには、通信教育などで学ぶ必要があります。

 

医療事務とは、病院及び保険薬局で、事務関係を行う者をいいます。業務内容はいくつもありますが、大切なものは「レセプト業務」「会計業務」です。レセプト業務は、診療報酬の点数計算と請求書作成です。会計業務は、患者に対して診察後、退院後の費用請求を行うことです。

 

医療事務の仕事内容とは?資格や給料のことも理解しよう。

 

その他の業務は、カルテ準備や入院手続きをする「病院クラーク業務」、診察券発行屋患者呼び出しをする「外来受付業務」、院長秘書や医局秘書などの「医療秘書業務」、保険所などへの報告書作成をする「医療報酬処理業務」が含まれます。

 

これらの業務を行うには、法的な資格は不要です。しかし、知識や経験がなくては「レセプト業務」は不可能ですので、病院では全くの素人は採用することはありません。レセプトの知識を得るには、主に通信教育で履修し、教育施行団体のカリキュラムを修了すればいいのです。

 

短期カリキュラムもあり(通所形式)、2〜3ヶ月で修了します。教育施行団体は、一般的に民間団体で、国内に数多く存在します。

 

スポンサーリンク

 

国家資格でも公的資格でもない

 

病院での実務には、必要な知識を習得すれば不都合はありません。しかし、個人のスキルを証明する目的で、各種団体が実施する実務試験(医療事務技能審査試験)を受験するものも多いです。

 

技能試験も多く存在しますが、それは単に民間試験の合格証であり、法的資格ではありません。履修(通信・通所)及び試験ともに民間団体による実施でありますが、数多くの企業がこのビジネスに参入しています。質のいいものを選んで学ぶことが必要です。

 

試験合格を目指すことは自らの意欲に対して重要です。しかし、合格率はいずれも50%程度ですので勉学には励まなければありません。試験合格は、就職の時の条件にはなっていることは希です。しかし、合格者が有利になる可能性は大きいといえます。

 

 

■レセプト業務
医療機関が保険者(市町村や健康保険組合など)に請求する医療費の明細書を発行するための業務。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ