医薬品販売業と登録販売者制度について

医薬品販売業と登録販売者制度について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

登録販売者というのは、医薬品の店舗販売業者(医薬品販売業)などで、医薬品リスク区分第二類および第三類の一般用医薬品を販売するのに必要な資格です。2009年6月1日より施行で、都道府県の実施する試験に合格し、販売従事登録をした者をいいます。

 

医薬品には2種類あります。誰でも自由に購入できる大衆薬(一般用医薬品)と、医師が治療に用いる医療用医薬品です。政府は規制緩和を行い、一般用医薬品を現状より、さらに普及を目指しています。薬局売店のみの販売を、コンビニやスーパーでも可能になりました。

 

医薬品販売業と登録販売者制度について

 

国民医療費総額が増加しています。制度の破綻を防ぐため、「軽微な病気は一般用医薬品で自分で治す」セルフメディケーションの実践を掲げたのです。無制限な販売では問題が生じますので、販売業者の一定の基準を設けました。

 

登録販売者(もしくは薬剤師)を店舗管理者として置き、医薬品販売業の届出を各都道府県知事に申請します。そので許可を受けた者のみが一般用医薬品を販売できるのです。

 

スポンサーリンク

 

登録販売者試験を受ける

 

2006年改正薬事法で、従来からあった「薬種商制度」は廃止され、新たに「登録販売者制度」が創設されました。登録販売者制度は、実務経験が1年(月80時間以上)あれば誰でも受験できます。

 

かつての薬種商販売業では認定試験に合格すれば、指定医薬品以外は一般用医薬品の販売は許可されていました。受験資格は店舗開発計画者だけでした。従って店舗許可の性格が強かったのです。今回の制度では「個人資格」になりました。

 

 

登録販売者の資格は、改正薬事法で定められていますが、これはあくまで都道府県の認可であり、国家資格ではありません。都道府県が実施する販売登録者試験に合格して、販売従事登録を申請すれば与えられるものなのです。

 

受験資格は、薬局薬店で医薬品販売経験が必要です。高卒以上では最低1年(月80時間以上)とされています。必要知識は独学で行うことで得ることが可能です。入試科目は「医薬品に共通する特性と基本的な知識」「人体の働きと医薬品」「主な医薬品とその作用」「いやう品の適正使用と安全策」です。

 

4時間120問です。受験場所は特定されません。第一回目の受験者数は約6万人、合格者数は約4万人(合格率70%未満)でした。

 

 

■改正薬事法
薬事法の一部を改正する法律の基本的な考え方は、医薬品の販売にあたっては、郵便など販売であるか否化にかかわらず、薬剤師などが購入者に対して対面により情報提供を担保するというもの。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ