准看護師の資格と仕事内容について

准看護師の資格と仕事内容について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

准看護師の給料は、正看護師に比べて安いのです。日本看護協会はこの制度の廃止を望んでいますが、日本医師会は存続を希望しています。政府は、双方の言い分を聞き方針を決めようとしていますが、今はその時期ではないようです。実際は「正看」資格を持ち働いたほうが有利です。

 

看護師には「正看」「准看」の2種類の資格があります。その違いは次のようです。どちらも保健師助産師看護師法に定義されています。

 

  • 正看護師は「厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者もしくはじょく婦(産後の女性)に対する療養上の世話または診療の補助をなすことを業とする」
  • 准看護師は「都道府県知事の免許を受けて、医師・歯科医師または看護師の支持を受けて傷病者もしくはじょく婦(産後の女性)に対する療養上の世話または診療の補助をなすことを業とする」

 

准看護師の資格と仕事内容について

 

両者は正看が国家資格であり、准看は比較的短期に取れる資格です。仕事の内容には差異がないが、給与が違うのです。准看護師は、准看護師学校(准看護師養成所)あるいは看護高等学校で最低2年の教育を受け、准看護師試験に合格すれば都道府県知事から免許の交付があります。

 

スポンサーリンク

 

准看護師は無くなるのか?

 

准看護師資格は、戦後日本の看護師不足解消のための暫定措置でした。しかし現在、看護師には今や多くの専門的知識と技術が求められますので、日本看護協会はこの制度の廃止を求めているのです。

 

日本医師会は「幅広い労働条件の看護労働力が必要である」、簡単に言えば低賃金の看護師が不可欠である、との理由で廃止に反対しています。

 

政府は看護師に一本化したいのです。厚労省の「准看護婦問題調査検討会」では「21世紀初頭の早い段階で、看護婦養成制度の統合に努めること」を提言しています。そのためには現在いる准看護師を看護師にするため、資格取得を奨励しています。そのための補助事業を行っています(通信教育など)

 

准看護師から看護師になるには、実務期間を挟み前後2年間(計4年間)の教育が必要です。その後卒業すると「看護師国家試験の受験資格」が得られるのです。正看を最初から目指すなら、最低3年間の教育を受ければ受験資格が得られます。

 

最近では「准看になった後に正看」という人は少なく、大半の人が最初から正看資格を持って現場に立っています。

 

 

■保健師助産師看護師法
保健師、助産師および看護師の資質を向上させることで、医療および公衆衛生の普及向上を図ることを目的とした法律。

 

■看護婦養成制度
看護師は、韓語専門学校、看護短大、看護系大学などの看護師養成所で養成される。看護師養成所を卒業することで看護師国家試験の受験資格を得ることができる(受験資格の取得には最低3年必要)





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ