研修医制度とは、どんなものなのか?

研修医制度とは、どんなものなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

現在、医師不足問題が深刻化しています。新臨床研修制度が一因といわれます。政府は、研修医改革を行いました。目的は正当であっても、弊害を招くこともあります。今回はそれに該当します。再改革を求める声は強いのですが、具体策は見えていません。

 

医学部を卒業した学生で医師国家試験に合格すると医師免許を取得します。その次の2年間を臨床研修期間に入ります。この時期は研修医と呼ばれます。研修医の2年間で、内科、外科、救急部門、小児科、産婦人科、精神科、地域保険・医療の7診療科目すべてを経験するように義務付けられています。

 

国内の定められた研修病院(主として大学付属病院)で研修します。研修先は自由意思で希望できます。この間は身分保障もあり、アルバイトはしなくても研修に専念できます。

 

研修医制度とは、どんなものなのか?

 

現在の制度以前(2004年)にも研修医制度は存在していました。その制度では、医師免許を取得すると、自身が卒業した医学部の附属病院で自分の勤めたい診療科を決めます。そこでその診療科のみで2年間研修するのです。

 

新人局員(研修医)は無給で一定戦力で使えます。そこで、局内のその他の医師を離島や農村部などの地方へ派遣できました。しかし、現在の制度では研修医はあくまで学生の延長です。従って戦力にならないため、地方へ医師を派遣する余力はなくなってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

新臨床研修制度のメリットとデメリット

 

現在の新臨床研修制度の目的は「プライマリ・ケアへの理解を深め、患者を全人的に診ることができる基本的な診療能力を取得する」ことです。今までの研修制度は、卒業後すぐに専門特化してしまうことを改善しようとするものでした。着想と思想は素晴らしいものでした。

 

しかし、そのために医局は人手不足となりました。また、地方も医師不足となっているのです。それは予想外の出来事で、さらなる改善が求められていますが、改革の方向はいまだ未定のままです。

 

 

医師は2年間の研修を終えると「研修医」の肩書きは外れるのですが、一人前の医師とはまだいえない状況です。一人立ちするには、それから自分の希望する病院や専門となる診療科を決めて、そこから初めて知識と技術を習得していきます。

 

3年目以降の研修は「後期研修」と位置づけられています。病院ごとにある運用規則で3〜7年間のプログラムが組まれているのです。後期研修の終了時期は病院ごとに決まります。多くの場合「学会認定専門医」の取得が義務付けられています。

 

 

■研修医
診療に従事しようとする医師・歯科医師は、医科2年以上、歯科1年以上の臨床研修を受けなければならない(医師法・歯科医師法により規定)

 

■学会認定専門医
認定医よりも高度な知識、技量、経験を有した医師や歯科医師として学会が認定した専門医師。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ