理学療法士になるには?

理学療法士になるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

理学療法士というのは、障害が残ったり、機能の衰えた患者に対して、障害前の身体に戻したり、日常生活の動作を維持したり改善することのために、リハビリテーションを行うことができる国家資格です。理学療法士が行う業務は、運動療法・物理療法・日常生活動作の訓練・義手や義足の他車椅子など装具を使った訓練を行うことです。

 

1965年に「理学療法士及び作業療法士法」が施行されました。この中で「理学療法士とは、身体に障害があるものに対し、主としてその基本動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えること」を行う者であると定義されています。

 

日本の医療機関は、大正期に既に理学療法を導入しました。大学病院にて、マッサージ師がマッサージを始めたのが始まりとされています。主に整形外科疾患の患者がリハビリテーションの対象でした。しばらくの間は、柔道整復師、マッサージ師により施術されていました。

 

理学療法士になるには?リハビリテーションの仕事内容など

 

しかし、医学や器械は進歩し、物理療法も普及してきました。リハビリを必要とする患者も増加し、専門の医療技術職が必要となってきました。そこで総括して理学療法士の確立に至りました。

 

医学リハビリテーションは重要であると、日本整形外科学会でも提言されました。1965年、第1回国家試験が行われました。183名の理学療法士が誕生したのです。現在では、整形外科疾患の後治療、脊髄損傷・切断、関節リュウマチ、脳性麻痺、脳卒中などの回復が施術対象です。

 

スポンサーリンク

 

高齢化によってニーズが高くなる

 

リハビリテーションは「情報収集」→「検査測定」→「治療」→「最終評価と指導」を各段階ごとに行っていきます。施術は手技と高度医療機器を使用するため、広範囲の医学知識が必要です。最近では、多くの4年制大学ができています。修学した後、「理学療法士国家試験」を受験します。

 

高校卒業し、理学療法士の千秋家庭を持つ4年制大学か3年以上の短大か専修学校で履修し国家試験に合格すると資格が得られます。国内に170近い養成機関があります。国家試験は毎年7000名近くが受験し、合格率は90%程度です。

 

資格を取ると、90%が中〜大病院で勤務します。残りは老人ホームなどの福祉施設です。国内には約40000人の理学療法士がいますが、なお病院では求人が多くあります。高倍率の職種と言えます。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ