臨床心理士になるには?

臨床心理士になるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

臨床心理士は、職場・学校の人間関係から、障害、精神疾患を持つ患者のカウンセリングなどを行います。社会奉仕的な性格が強く、生活は難しいようです。また資格取得は専門の大学院に入学する必要が有り、狭き門です。

 

臨床心理士とは、心の問題や悩みを抱えた人に対して臨床心理学的アプローチをして問題解決の援助を行います。順序は「アセスメント(臨床心理査定)」「カウンセリング(臨床心理面接)」「コンサルテーション・リエゾン(臨床心理的支援)」を対象者に行うのです。

 

臨床心理士になるには?給料や年収などを理解しましょう。

 

活動は、病院(精神科・心療内科)、心身障害者福祉センター、老人介護施設、刑務所、少年院、家庭裁判所、保険所、企業内健康センターなどです。呼称は様々です。相談所;「診療相談員」、福祉;「心理指導員」、家裁;「調査官」

 

このどれもが、殆が非常勤です。時には無償もあります。少数独立開業をしていますが、臨床心理士だけでは収入が乏しく生活は困難です。社会奉仕活動の一環と捉えたほうが良い仕事です。

 

スポンサーリンク

 

臨床心理学を大学院で学ぶ

 

日本での臨床心理士の起源は、1995年に文部省研究事業として開始されたスクールカウンセラー制度からです。後に制度化され、臨床心理士の世間の認知度を上げる役割をしました。阪神・淡路大震災時に被災現場に臨床心理士が赴き、様々な活動をしました。

 

臨床心理士を目指すには、日本臨床心理士資格認定協会(文部省認可財団法人)の指定する大学院で最低2年間の専門教育を受け、同協会の実施する認定試験に合格することです。大学卒業後に、再び大学院に戻るケースが多く、過半数を占めています。協会指定大学院は160有ります。

 

認定試験は「一次試験(筆記・論述)」と二次試験(面接)」からなります。年間2500名受験し、合格率は65%程です。実際の業務で、期待した効果が得られないとクライアントや家族からの訴訟問題もあります。また、臨床心理士として不適格と判断されると、資格剥奪もあります。
若者は仕事に就きにくく、中年以上の女性がお多いのが現状です。

 

 

■臨床心理学
精神状態や心理的問題を抱えている人に対する治療や解決、精神的健康の増進に役立てることを目的とした心理学の一分野





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ