整体師になるには?

整体師になるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

整体師やカイロプラクティク師は民間資格で、法的な資格ではありません。人体に施術をすることでは、問題が発生することによる政府の保証はありません。最近では、改めて国家試験を受け資格を取得する人が多くなっています。

 

整体師になるには?スポーツや美容などに関心がある人へ。

 

整体は、野口晴哉(1911〜1976)があらゆる療術を参考にして考案した民間療法です。最近では「体のバランスを整える施術」との意味合いで使われています。この方法は、施術者の手足を使い、患者の骨格や関節の歪み、ズレを調整して骨格筋の調整を行います。

 

スポンサーリンク

 

整体類似の民間療法では、「カイロプラクティック」があります。これは、身体の中で背骨に重点を置き矯正をします。人体を構造学的、神経学的に捉えています。カイロとは手当てをするとの意味合いで使われています。

 

整体やカイロプラクティックは専門学校で技術を学ばねばなりません。これらは民間資格であるために、学校差が大きくレベルやモラルが異なっているのです。従って、学校は十分吟味しなければなりません。

 

その内容は、全日制の2年以上履修を要するものから3ヶ月〜半年のコース、数回程度などで認定証発行するところもあります。技術習得のためには、あまりに短期な講座は好ましくありません。

 

 

法律での保護がされていない

 

入学に当たり、社会的に認知された学校や経営者理念のしっかりした学校が選択の要件となります。基礎医学、解剖学、生理学、関節学、徒手調整実習、測定、カウンセリング技術、経営学などのカリキュラムが充実しているところが受講に値します。

 

開業するときの制約があります。まず看板に用語使用不可として「あん摩、指圧、マッサージ、鍼、灸、整体」があります。そして、もしも整体師等が人体に触れて施術したことで、好ましくない結果が出た場合は、刑法で「業務上過失障害罪」の適応を受ける可能性があります。そのために、国家資格取得を目指している人も多く見られます。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ