社会福祉士の仕事内容とは?

社会福祉士の仕事内容とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

社会福祉士の仕事には、「この資格がなければできない業務」というのは殆ありません。ただ、福祉の分野では、十分な知識を有しているという証明にはなっています。市町村でも社会福祉士を募集していますが、飽和に近づいています。

 

社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉法」(1987年制定)で定められた社会福祉業務に携わる人の国家資格です。定義は「専門的知識及び技術を持って、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者」です。

 

社会福祉士の仕事内容とは?受験資格や年収などを理解しよう。

 

社会福祉士は国家資格ですが、医師や弁護士のように業務独占資格ではありません。名称独占資格といいます。これは、無資格者は社会福祉業務はできますが、社会福祉士を名乗ることはできません。この名称を有するということは、知識などの専門職としての高水準を示すものです。

 

今後有資格者が増加していくならば、将来は実質的に業務独占状態になります。

 

スポンサーリンク

 

合格率は30%ほどの国家試験

 

2006年4月制定の介護保険法で、市町村の学校地区単位で地域包括支援センターの設置が行われました。そこに、社会福祉士の配置義務が設けられたのです。その役割は、地域包括支援センターにおいて社会福祉士は総合相談業務、サービス事業者及び行政との連携業務担当者です。

 

ただし、その他介護保健施設では、社会福祉士が少なく介護福祉士が優遇されています。職域重複問題が潜在しているのです。また、有資格者でないとできない業務がないので、就職先は多くないのが実情です。

 

今後、保健医療・福祉から教育や更生保護分野などに必要性を認識浸透させなければなりません。横断的、包括的ソーシャルワーカーとして発展することが望まれます。

 

 

社会福祉になるには、高校または大学を卒業後、社会福祉士養成施設で一定期間の専門教育を履修し「社会福祉振興センター」(厚生労働大臣指定財団法人)が実施する社会福祉師国家試験に合格しなければなりません。毎年、受験者は46000名ありますが、合格率は30%程度です。

 

社会福祉士養成施設は大卒対象の一般養成施設、および福祉系大学卒業者対象の短期養成施設の他、厚生労働省承認の、社会福祉大学院2、福祉系大学192、社会福祉主事妖精の専修学校27、福祉系短期大学13校があります。

 

 

■地域包括支援センター
市町村が責任スタイとなって、地域住民の心身の健康の保持および生活の安定のために必要な援助を行うことにより、地域住民の保健医療の向上及び福祉の増進を包括的にv支援することを目的としている。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ