薬剤師になるには?

薬剤師になるには?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

医学・薬学は、日進月歩で進化しています。また、医薬分業が確立し、薬剤師の業務は専門的かつ特化されつつあります。薬剤師の免許取得も薬学部が4年制から6年制大学へ移行したため、実質的な引き上げとなりました。

 

薬剤師の業務は、主として「処方せん監査」「調剤」「服薬指導」です。日本薬剤師会の調剤指針は「医師、歯科医師から発行された処方せんに指示されている内容が適正であると確認した後(処方箋監査)、指示されている医薬品を使用して、患者の疾患の治療のための薬剤を指示された使用法に適合するように調整し(調剤)、患者に医師の指示通り正しく使用するよう指導しながら交付すると共に(服薬指導)、服用後の有効性と安全性を観察して医師と連絡を取りながら処方の修正など適切な措置を行うこと」と定義されています。これが薬剤師の基本的業務です。

 

薬剤師になるには?業務内容と資格の取得について

 

病棟薬剤師(病院に勤務し「病棟業務」を任されている薬剤師)は、最先端の高度な知識と患者とのコミュニケーションが必要です。業務は、薬剤師がベッドサイドで患者と対話し、薬物療法に必要な情報を直接入手して、医師、看護師、医療スタッフと連携をとり、直接治療へ関わるものです。

 

スポンサーリンク

 

6年制に移行した薬学部

 

医療は進歩を続け、新技術・治療法が確立されていきます。医療制度も、それに伴い変貌を遂げています。薬剤師も、調剤だけの業務から、「薬物療法の専門家」として患者に接することに期待を寄せられつつあります。医薬分業がさらに拍車をかけているのです。

 

中央教育審議会は、薬学教育の改善と更なる充実を目的として、薬学部を4年制から6年制に移行させることを決定しました。2006年4月より、6年制の薬学課程を卒業することが、薬剤師国家試験の受験資格になったのです。6年生で初となる薬剤師国家試験の期日は2012年3月です。予測受験者数は約1万人、合格率は85%前後と推測されています。

 

 

新旧薬剤師の教育格差が生じるため、その格差是正の公認カリキュラムが旧薬剤師用に整備されています。また、現役薬剤師が6年制の薬学生を現場実習指導する「認定実務実習指導薬剤師」を養成し、現在までに薬局薬剤師6000名、病院薬剤師3000名が資格を取得しています。この事業は日本薬剤師研修センターによって行われたものです。

 

 

■日本薬剤師会
日本医師会や日本歯科医師会と共に医療担当者の一翼を担っている。薬剤師の職能を確立し、発展させるべく医薬品や関係法令に関する情報提供など、幅広い活動を行っている。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ