薬剤師の成り立ちと医薬分業について

薬剤師の成り立ちと医薬分業について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

医薬分業は、薬剤師の成り立ちと深く関わっています。その思想は「医師は診療、薬剤師が調剤」と明確に職務を分担することです。古代に毒殺防止から始まったこの医薬分業は、現在では医師と薬剤師が各々、専門知識をもち特化することで、よりよい医療を目指し貢献しています。日本でもやっと、本質的な医薬分業が定着してきました。薬剤師の存在意義は、高まってきています。

 

薬剤師の成り立ちと医薬分業について

 

薬剤師の歴史について要約します。1240年にシチリアの皇帝フリードリヒ二世が、薬事に関して二つの法律を制定しました。それは「医薬分業」「薬事監視」です。この法律以前には医師が薬を調合していました。薬剤師は存在していなかったのです。

 

薬を扱う医師に全権を与えると監視することができないので、まず、「医師は患者を診断し処方せんを書く」。そしてその医師と関わりを持たない薬剤師が調合する」と仕事を分離したのです。これによって、処方せんの適正さを判断できます。

 

スポンサーリンク

 

また、問題が起こったときは、相互監視をさせることで未然予防になります。その結果、自分は毒殺から免れると考えました。薬剤師の職業は、特権階級の護身の目的で誕生したのです。近代は、医師と薬剤師がお互いの業務に専念することで専門特化し効率を分担する考え方で定着してきました。

 

すなわち医師は診療に専念し、薬剤師は調剤を担当するのです。現在もヨーロッパやアメリカ中心に医薬分業の精神と制度が受け継がれ実践されています。薬剤師と医薬分業は非常に密接な、深い関係であるのです。

 

 

形だけの日本の医薬分業

 

明治以前の日本は漢方中心でした。従って、医師は調剤師と一体でした。明治政府は西洋医学を積極的に取り入れたので薬剤師の必要性が出てきました。ドイツの医薬分業を手本としました。1874年、医制では「医師たるものは、自ら薬をひさぐ(売る)ことを禁ず」としています。そして薬舗主(薬剤師)に免許を与えました。日本でも、医薬分業の思想は古くから有りました。

 

 

しかし、東洋医学が中心の日本では、例外的措置に「医師の調剤」を認めていました。診断後は院内の薬局で調薬をしていたため、形式上の医薬分業でした。最近では、しかし、この医薬分業が日本でも定着しました。患者は、医師に診断をされ,処方せんを持って調剤薬局*(保険薬局)で調剤してもらう仕組みです。
医薬分業は平成になりやっと実践されました。この背景は、政府の国民医療費抑制政策によるところが大きいのです。医師と製薬会社の間の薬費に関わる悪しき慣習をなくし、患者の薬漬け医療にストップをかけ、医療費の削減を図ったのです。その経済効果はこれからの判断ですが、薬剤師の自覚と責任が大きく向上したことは間違いありません。

 

 

■調剤薬局
医師の商法線に基づいて薬を正確かつ迅速に調剤する薬局。また患者に合わせた服薬指導を行うことも求められている。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ