調剤薬局とドラッグストア

調剤薬局とドラッグストア記事一覧

医師と薬剤師の連携と分業について

近年、医薬品は飛躍的な進歩を遂げました。それにより、治療成績は大幅に向上しました。しかし、国民医療費に占める薬剤費負担は増大していきます。薬剤費の急増も看過できず、強行的に「医薬分業」が推進されました。医薬品小売業は、従来4つの業態がありました。「薬局」「一般販売業」「薬種商販売業」「配置薬販売業」...

≫続きを読む

 

伸びが鈍化している医薬分業の現状について

政府施策は、上手くいかないものもあります。しかし、この医薬分業は目標通りに進んでいるようで、全国の分業率は平均で50%を超えています。次の課題は「かかりつけ薬局」としての機能を強化することです。医療機関内(院内)での薬の受け取りが可能なものは院内処方です。「院外処方」は、医療機関外の調剤薬局(保険薬...

≫続きを読む

 

調剤薬局は、どのような報酬体系なのか?

病院院内で薬をもらっていた頃に比べ、最近調剤薬局でもらうほうが高くつくとよく聞きます。こういった感覚は非常に大切で、ほぼ間違いないといっていいのです。新薬の薬が高く、調剤報酬も増えています。その分、薬局はサービス面でかかりつけ薬局として十分機能していかなければなりません。政府は、かかりつけ薬局の効用...

≫続きを読む

 

これからの薬局経営について

医薬分業を背景に、調剤薬局は急激に数を増やしました。中心は大手資本の調剤薬局チェーンです。各社は、合併・統合を繰り返し大きく成長してきました。しかし今後は一層の経営工夫が必要とされます。調剤薬局は、まだ今後も拡大が予想される市場です。ただし、政府は保険費用の圧縮政策を取っています。薬価差益圧縮、調剤...

≫続きを読む

 

一般用医薬品の分類とドラッグストアーの取り扱い

大手ドラッグストアの店舗には、非常に多くの品物が並んでいます。大衆薬を購入しようと店に入っても、ついでに多くの買い物をしてしまいます。生活の場ともなっているドラッグストアですが、改正薬事法の施行を契機に転換期を迎えています。医薬品は医療用と一般用に、大きく分けられます。医療用は原則として、医師の処方...

≫続きを読む

 

改正薬事法の施行によるドラッグストアーの状況

改正薬事法が、施行されました。ここで登録販売者が新設されました。これは国家資格ではなく、改正薬事法に明記された医薬専門家がいれば、コンビニやスーパーでも、第1類医薬品以外は自由に販売できるのです。今後、ドラッグストアとの激しい商戦が続きそうです。2006年薬事法が、改正されました。そして2009年6...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ