調剤薬局は、どのような報酬体系なのか?

調剤薬局は、どのような報酬体系なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

病院院内で薬をもらっていた頃に比べ、最近調剤薬局でもらうほうが高くつくとよく聞きます。こういった感覚は非常に大切で、ほぼ間違いないといっていいのです。新薬の薬が高く、調剤報酬も増えています。その分、薬局はサービス面でかかりつけ薬局として十分機能していかなければなりません。

 

政府は、かかりつけ薬局の効用を掲げています。それは、医薬分業を推進するためでしたが、うまく活用すれば有効な事項が多いのです。服薬指導重複投薬監視などはその一例です。調剤薬局側としてみれば、薬価差益を取り上げられ原資が少ないところへ、役割負担は厳しいところです。

 

調剤薬局は、どのような報酬体系なのか?

 

政府は点数加算を新規に設けることで補おうとしました。調剤薬局は、薬価差益で収入を上げる傾向が強かったのです。従って、調剤報酬で経営を行わなくてはなりません。報酬は点数で表され、患者にはその加算が支払いとなります。

 

調剤報酬点数は、2本立てです。調剤技術料薬学管理料です。調剤技術料には、調剤基本料、調剤料、加算料があります。薬学管理料は、薬剤服用歴管理指導料や長期投薬情報提供料などあります。これらが、薬価に上乗せとなりますので総額の一部負担を行います。しかし、院外処方は薬代が高いと感じるようです。

 

スポンサーリンク

 

使用促進を考慮した後発医薬品

 

調剤報酬点数は、逐次追加・見直しがされています。最近は後発医薬品の使用推進に関わる項目の新設が多いです。後発医薬品は先発医薬品と同じですが、特許切れになると、有効成分や製法は共有化されます。特許料の回収費がかからないため、後発品は安価に製造でき提供できるのです。

 

政府は、薬剤費総額圧縮のため、後発医薬品を使用促進するように画策していますが、シェアは低いものです。報酬に組み込まれることで使用促進を図っています。

 

 

調剤報酬
保険調剤薬局での薬代は「健康保険法の規定による療養に要する額の算定方法(厚生労働省告示)」により調剤報酬が点数化されている。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ