改正薬事法の施行によるドラッグストアーの状況

改正薬事法の施行によるドラッグストアーの状況

このエントリーをはてなブックマークに追加  

改正薬事法が、施行されました。ここで登録販売者が新設されました。これは国家資格ではなく、改正薬事法に明記された医薬専門家がいれば、コンビニやスーパーでも、第1類医薬品以外は自由に販売できるのです。今後、ドラッグストアとの激しい商戦が続きそうです。

 

2006年薬事法が、改正されました。そして2009年6月1日同法が施行されました。46年ぶりの改定です。その中で大きなものは、販売制度の改定です(一般用医薬品の規制緩和)。従来は、ドラッグストアの専売品でしたが、今後はコンビニ、スーパーでも販売可能です。

 

改正薬事法の施行によるドラッグストアーの状況

 

現在の日本の医療費は、国家予算の半分に匹敵しています。これの圧縮政策が急務で、諸策が実施されています。この規制緩和もその一つで、一般用医薬品はどこでも購入できるようにしてセルフメディケーションを推進して、医療機関にかからないようにするものです。これによって、国民医療費を圧縮したい意図です。

 

薬剤師に代わる資格で、登録販売者を新設しました。これにより、低コストの人件費で一般用医薬品の販売が可能です。独占的に、一般用医薬品を販売していたドラッグストアには痛手です。

 

 

改正薬事法では、新基準で一般用医薬品は3つに分類されます。1類は副作用リスクが高く、販売は薬剤師のみ可能です。2類、3類に連れて副作用は低くこれは登録販売者で販売可能で、これらは全体数の90%です。

 

スポンサーリンク

 

メガ再編と異業種コラボレーション

 

業態別の扱い品目では、コンビニは飲用と弁当です。スーパーは、生鮮食料品と衣料。ドラッグストアは、日用雑貨と化粧品。これを見ると、販売品目の住み分けが出来ています。垣根が無くなっても一挙に市場が混乱することはないでしょうが、今後ドラッグストア以外では、一般用医薬品の設置が進むでしょう。ドラッグストアには徐々にダメージがやってくると予想されます。

 

ドラッグストアはこれに対抗して、メガ再編や異業種との連携コラボレーションが検討され始めています。この中心は、イオン・ウェルシア・ストアーズグループとマツモトキヨシグループです。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ