病院経営の現状

病院経営の現状記事一覧

これからの病院経営について

病院に勤務する医師は、激務です。それに耐えられたのは、高額な報酬があったからです。しかし、病院経営は諸条件が悪化し、これまでの報酬は保証できなくなってきました。病院がコスト削減を打ち出せば、結果として医師も離れ、更には患者も病院を離れます。その結果、赤字が膨らむ悪循環に陥っているのです。東京商工リサ...

≫続きを読む

 

医師不足の現状について

病院経営の内情は、年々悪化を続けています。医師の確保ができず、休止となる診療科も目立ち始めています。筆頭は、産婦人科と小児科です。医師総数は、増加しています。しかし、偏っているのです。それが、この状況を生んでいるのです。病院の施設は、多額の原資が必要です。それは建屋の増改築、医療機器購入費は必須だか...

≫続きを読む

 

病院スタッフの仕事内容と給与について

医業は診療報酬制度で厳しく価格が決められているので、収入を増大させることはできません。従って、支出の大部分は人件費ですので、これを管理していくほかありません。医療専門職の給料は、一般のサラリーマン以下に決められています。病院に勤務している人達は、いわゆる医療技術集団で、多種多様な専門職の人たちです。...

≫続きを読む

 

未回収金の増加による病院経営の悪化

病院経営が困窮しているものの一つは、自己負担金が回収できないことです。生活困窮は、同様に学校法人も給食費の回収ができないでいます。そして、悪質滞納も増えてきているのです。この二つの原因を撲滅すべく、政府方針が出され、未回収金の生じない対策が取られ始めています。経済状態は、近年悪くなる一方です。それに...

≫続きを読む

 

病院のDPC制度について

DPCというのは、診療費用がどんなに高くても一定以上の報酬金額以外は、病院に支払わない制度のことです。昔は「丸め」と称した報酬算定方法が進化したものといえます。これで、急性期病床の入院日数が、確実に短縮されたのですが、課題は多く残っています。医療機関の収入は、診療報酬点数で決められています。すべての...

≫続きを読む

 

社会医療法人とは何か?

自治体病院が破綻して、公共性の高い医療が空洞化し始めたのです。そこで代替の機関が必要となり、民間病院を活用する動きが出ました。「社会医療法人制度」が新設されました。これは、民間病院が公的な援助や税制の優遇を受け、非採算部門の医療を請け負うという社会的システムです。1950年に「医療法人」が、創設され...

≫続きを読む

 

国立病院による独立行政法人化のメリットとは?

国立病院の再編と独立行政法人化することで、自主採算を上げることが必要となりました。非常にコスト意識が高まりました。業務用材(医療用医薬品、材料)の購入先も複数(2元)化しています。これによって、医薬品卸各企業の再編も加速しつつあります。周辺関連会社に大きな影響を与えています。国民医療費の膨張を抑制す...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ