医療機器の動向

医療機器の動向記事一覧

医療機器業界の現状や仕事内容について

2005年、医療用具と医療機器の行政統合が行われました。医療機器業界は、15万品目を扱う巨大産業化しました。しかしその実態は、専門特化した商品中心の「オンリーワン企業」が大部分です。国内では、輸入メーカーが多いのが特徴です。製薬業界とは、その趣は大きく違います。医療機器業界の扱う品目は、「ピンセット...

≫続きを読む

 

身体機能代替機器とは?

人体の臓器や構造をメカニカルに捉えて、機械に置き換えるのが「身体機能代替機器」です。人工心臓、ペースメーカー、人工呼吸器、人工関節、透析器などをいいます。これらは、医療機器の最先端技術を担います。各分野の代表製品を例示します。人工心臓は進歩を続ける補助人工心臓はポンプ部分を体内に埋め込み、心機能を補...

≫続きを読む

 

病巣治療機器とは?

近年、様々な病巣治療機器が開発され実用化されています。放射線科の領域では、各種放射線照射装置によってがん治療に効果が上がっています。消化器領域では、内視鏡の発達が顕著です。循環器領域では、カテーテルの多様性が光ります。これにより心臓外科手術の一部が完全に置き換わりました。日本の内視鏡は世界をリードす...

≫続きを読む

 

画像診断機器とは?

画像診断のうち、断層画像診断は技術革新が日進月歩です。X線CT、MRI,PETおよびその複合機も登場しています。市場規模は、日本が米国に次ぎ2位です。日本企業の強い分野ですが、外資系との攻防は激しいものです。X線CTの多列化が進むCT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影)の...

≫続きを読む

 

医療機器産業の今後について

国内の臨床治験の体制が、諸外国に比べ進んでいません。加えて厚労省の審査スピードが遅く国際競争力には明らかに劣っています。政府は、これらを解消し、新医療機器の創出や技術力をアップすると約束し、国際競争力強化を表明しました。2002年策定の「医療機器産業ビジョン」を2008年に改定し、国際競争力強化を目...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ