医療機器業界の現状や仕事内容について

医療機器業界の現状や仕事内容について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

2005年、医療用具と医療機器の行政統合が行われました。医療機器業界は、15万品目を扱う巨大産業化しました。しかしその実態は、専門特化した商品中心の「オンリーワン企業」が大部分です。国内では、輸入メーカーが多いのが特徴です。製薬業界とは、その趣は大きく違います。

 

医療機器業界の現状や仕事内容について

 

医療機器業界の扱う品目は、「ピンセットから人工心臓まで」です。約15万品目です。小さなものは「医療用具」でしたが、2005年の薬事法一部改定でCTやMRIと同じ扱いとなったのです。すなわち、「医療機器」の範疇です。

 

商品を個々に見ると、総合商社がすべての品目を扱っているのではありません。専門特化した中小企業が、製品を絞り込み、一社一品的な製品を開発・生産・輸出入しているのです。医療機器業界には、そういった特徴があります。

 

スポンサーリンク

 

中心となるのは、高額商品です。身体機能代替機器と手術機器・病巣治療機器(治療分野の医療機器)とCT・MRI・PETなどの画像診断システム(診断分野の医療機器)です。医療機器産業の市場規模は、ほぼ横ばいからやや上向きです。規模としては約3兆円、国内生産隊輸入比率は2対1です。このうち国内生産の0.5は輸出です。

 

大分類でみた市場規模トップ5は、処置用機器(5000億強)、画像診断システム(約5000億円)、生体機能補助・代行機器(5000億円)、眼科関連製品(3000億円弱)、生体現象・監視システム(2000億円)です。画像診断システムと眼科関連製品の市場拡大が注目に値します。

 

 

数社で専門特化したパイを分け合う

 

医療産業内にあっても、医療機器業界と製薬業界では市場環境は大きく違います。製薬業界では、新薬開発競争・ジェネリック医薬品の脅威が常にあります。そのためスケールメリットでの生き残り戦略からM&Aが繰り返されます。医療機器産業界では、特定のパイを分け合う構図です。ニッチであるけれど比較的安定しているのです。

 

厚労省調べで、医療機器メーカーのうち資本金5000万円以下のものが半数を占めます。資本金100億円以上の企業はわずか4%です。大企業では生体機能補助・代行機器や画像診断システム、中規模企業は眼科用品・歯科用機器が主体です。住み分けのできている業界です。

 

 

オンリーワン企業
独自の製品や技術をもとに、特定の市場において高いシェアを持つ企業のこと。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ