医療政策の動向

医療政策の動向記事一覧

日本の社会保障制度の問題点とは?崩壊寸前の収支について

国内経済は、長引くデフレで低迷しています。また、少子高齢化の影響で税収バランスが崩れています。社会保障制度を維持するための基本が崩壊してきているので、このままでは破綻してしまいます。政府は、社会保障給付費を圧縮することに懸命となっています。医療業界は、激動期に突入しています。社会保障制度審議会(総理...

≫続きを読む

 

日本の医療制度改革とは?厚生労働省によるあらましについて

医療保険にも原資が必要です。各国の状況は異なり、例えば英国では税金を充当しています。日本では全国民から、健康保険料を徴収してこれを当てています。日本では、経済低迷と少子高齢化で、原資以上の支払いが生じています。制度の維持が難しいい状況です。どのように対応するのでしょうか。需要と供給の関係は単純です。...

≫続きを読む

 

医療制度改革での支出を減らす方策について

増え続ける医療保障費を抑制すること。それは健康を増進すること、医療の無理・無駄を見つけ出し是正すること。これが医療制度改革の骨子ですが、議論が空転し、実施事項は紆余曲折しているのが実態です。医療制度改革で支出を減らす方策は「医療費適正化計画」と「地域医療計画」「健康増進計画」「介護保険事業支援計画」...

≫続きを読む

 

医療費適正化計画とは?

医療費を適正化する方策として、「入院期間短縮」「療養病床削減」「生活習慣病対策」「包括支払制度」「ジェネリック医薬品使用促進」などがあります。これらが実施開始されました。しかし、いろいろな問題が再浮上し、前途は多難といえます。医療費削減が、政策の大目標です。医療費適正化計画の第一期分(2008〜20...

≫続きを読む

 

特定検診・保健指導の役割とは?

国民医療費は、毎年一兆円ずつ増加します。そのうち1/3は、生活習慣病からくる診療費です。これの改善は、中長期的に見て、国民がより健康になり、生活習慣病を発症しなければ、医療費の圧縮は可能です。「特定検診・保健指導」はその観点で始まったものです。その成果は上がっているのでしょうか。メタボリックシンドロ...

≫続きを読む

 

がんの早期発見・早期治療について

がんは早期発見で、治癒できるものも多いのです。日本は諸外国と比較して、がん検診の体制は遅れています。また国民の参加が、少ないのです。政府は施策を試みて、がん検診の受診率向上を図っています。これも医療費圧縮の一策です。2003年のがん死亡者数は、年間30万人を超えました。高齢化が進み、がんは社会問題で...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ