日本の医療制度改革とは?

日本の医療制度改革とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

医療保険にも原資が必要です。各国の状況は異なり、例えば英国では税金を充当しています。日本では全国民から、健康保険料を徴収してこれを当てています。日本では、経済低迷と少子高齢化で、原資以上の支払いが生じています。制度の維持が難しいい状況です。どのように対応するのでしょうか。

 

需要と供給の関係は単純です。対価の決定は、供給者と購買者の合意で決められるのです。これは、神の見えざる手(アダム・スミス)で均衡が保たれます。医療全般でも米国は同じ手法を用いていますが、豊かなものに厚い医療です。

 

日本の医療制度改革とは?厚生労働省によるあらましについて

 

医療保険制度は、各国が運用しています。英国は税を財源として国民保険サービス(NHS)という公的制度です。日本は英国に近い仕組みで国民皆保険制度を採用しています。英国は税を原資としましたが、日本では保険料を徴収するしくみです。これは医療の要・不要にかかわらず徴収し、必要な者に分配する相互扶助の考えです。

 

スポンサーリンク

 

医療制度改革の本質について

 

日本の相互扶助システムの前提は、経済が成長を続けること、負担者と受給者とのバランスが保たれること、の二つが安定していることです。現実には、その2つとも仮定が崩れたため、制度そのものが崩壊しかかっています。破綻した制度の立て直しに政府は着手したのです。基本的には、収入を増やして支出を減らす具体策を数多く出すことです。

 

 

医療制度改革についていえば、家計のやりくりと同じで無駄を省いていくことです。まず、保険の仕組みの微調整を行いました。健康保険はいくつかに分けられます。まず、個人事業主など対象の「国民健康保険」これは各市町村が定める額で徴収します。次に中小企業のサラリーマン対象の「旧・政府管掌健康保険」(2008年「協会けんぽ」に組織替え、各都道府県ごとに運営移管)。

 

大企業のサラリーマンを対象とする「組合管掌健康保険」、最後に国家公務員や地方公務員を対象とする「共済組合健康保険」です。これらは、すべて同じ仕組みで、あらかじめ保険料を払込み、医療機関で受診時に再度一部費用を支払うものです。以前は再度支払いの比率を1割から3割へと引き上げたのです。

 

 

■健康保険
日本の医療保険制度は、職域によって加入する制度が異なる。農業や自営業を営む人たちが加入する「国民健康保険」、会社や工場、商店などで働く人が加入する「健康保険」がある。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ