ジェネリック医薬品の動向

ジェネリック医薬品の動向記事一覧

ジェネリック医薬品とは?

医療用医薬品には、同一成分・同一効能であっても、値段の高低があります。高いのはオリジナル新薬として、この世に登場したもの(先発品)。安価品は特許切れ後に発売された後発品です。後発品をジェネリック医薬品と呼びます。医療費抑制の一手段として期待されています。最近、ジェネリック医薬品という言葉を耳にします...

≫続きを読む

 

ジェネリック医薬品の使用促進について

ジェネリック医薬品を使用することは、世界常識です。先進国の普及率は、50%に達しています。一方日本では、政府のバックアップも効果が少なく、普及率は20%台です。2012年までに中間目標として、30%を達成したいとしています。方策にかかっているでしょう。WHO(世界保険機構)は、後発品であるジェネリッ...

≫続きを読む

 

代替調剤とジェネリック医薬品について

医師が処方箋に先発医薬品使用していても、薬剤師と患者が話し合い、合意して後発医薬品を用いて調剤することは許されています。これを「代替調剤」といいます。先発医薬品と成分が同一である後発医薬品がありますが、どちらを使用するかは、かつては医師だけが決定権がありました。2006年に政府は、ジェネリック医薬品...

≫続きを読む

 

ジェネリック業界における合併統合とは?

ジェネリック医薬品(後発品)の製造工程は、原料製造と製剤化の2工程に分かれます。従来は工程ごとに専門メーカーがありましたが、今後は両方を兼ね備えた「垂直統合型」の後発品メーカーが増えるでしょう。かつては、ジェネリック医薬品業界では、原料(原薬)の製造と最終製品化(製剤)は別々の会社が存在しました。多...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ