介護ビジネスの動向

介護ビジネスの動向記事一覧

日本の高齢化問題の実態について

日本は世界でも、未曾有の少子高齢化社会です。これから、ますますその傾向は強まります。2050年には、5人に2人が高齢者になっているとの予測です。生産人口は減少します。いかにして高齢者の社会保障、医療保険を担うのかなど多くの問題があります。新薬開発を含む医療技術は、近年目覚しい発達を遂げました。そのた...

≫続きを読む

 

介護保険制度の仕組みと財源について

介護保険制度の導入国は、先進国の中でも多くはありません。高齢化社会と介護問題は、国際的に未経験領域です。日本の取り組みは、これからの各国モデルとなります。世界が注目するに値する高齢化介護モデルケースとなるでしょうか。介護について、一昔前と今ではかなりの差があります。高齢化社会に入る前の時代は、高齢者...

≫続きを読む

 

要介護認定の流れとは?

介護保険制度の創設時に政府の予想では、介護認定者数を280万人、総事業費を4兆2000億円と概算していました。それは概ね一致していましたが、その後の急増を予測できていませんでした。今後は保険料・一部負担金・要介護認定基準などに見直しを迫られます。介護保険の適用は、必要とする申請者が行政当局(市区町村...

≫続きを読む

 

居宅サービスの内容とは?

介護関連サービス市場が、拡大し続けています。20年後は、30兆円の介護・福祉市場へと拡大するとの予測もあります。居宅サービスでは、民間(営利法人)の進出が目覚しく、振興事業の中核ともなっています。介護サービスは、「居宅サービス事業」と「介護施設サービス」に大別されます。居宅サービスは、在宅要介護者を...

≫続きを読む

 

施設サービスの種類や内容について

現在介護施設数は、圧倒的に不足しています。政府は増加に消極的です。高齢者の介護は、通所でなく「在宅」を基本に考えているのです。そこで、法令三施設以外の、民間運営による「特施設」「高齢者向け賃貸住宅」に需要が拡大しています。介護サービスは、「居宅サービス事業」と「施設サービス事業」(介護施設)の2本柱...

≫続きを読む

 

介護報酬の仕組みについて

介護報酬とは、3年ごとに見直されるサービス単価のことです。過去2年間で、政府のマイナス改定が行われました。介護現場では離職・求人難が起こったのでした。この仕事は3K職場です。労働力を呼び戻すために、今回初のプラス改定となりました。介護サービス事業者の対価(介護報酬)は、次のようになっています。要介護...

≫続きを読む

 

介護予防サービスとは何か?

厚生労働省は、2010年の介護封建総事業費を6兆9000億円と試算していましたが、実際は2005年時点で6兆う8000億円となっています。見通しが甘かったといわざるを得ません。そこで新予防給付を創設し、総事業費の伸びを鈍化させようとしています。介護保険事業費が、当初の予想を上回る勢いで伸び続けていま...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ