医療制度改革の現状

医療制度改革の現状記事一覧

診療所と病院は、どのように連携しているか?

今までは漫然と行われていた病院と診療所の連携ですが、医療制度改革の一環としてテコ入れされました。次第に国内に普及しています。この連携が、標準形態です。患者もこの制度に賛同すれば、適切な医療を受けることができます。今までのような、3時間待ちで3分の診療といった不満はなくなります。日本国内には病院は1万...

≫続きを読む

 

療養病床制度と在宅医療との関係について

かつては、一人暮らし老人は病院で暮らしていたものです。社会的入院といいましたが、病院の収入源ともなっていてお互いにメリットがありました。しかし、国民医療費が破綻状態で、社会的入院の費用をまかなう余力がなくなったのです。そこで今は介護保険法を導入して対応し、ベッドも療養病床制度に分けられました。197...

≫続きを読む

 

医療の地域連携の必要性について

治療は、一人の医師で完結することはまずありません。脳卒中でしたら、急性期・慢性期・リハビリと医療施設も医師も複数が担当します。こういった措置が、切れ目なく行われることを目指しているのが地域医療計画です。1985年に、地域医療計画制度が創設されました。これまでに、20年経過しています。各都道府県に責任...

≫続きを読む

 

後期高齢者医療制度の保険料の将来について

2008年に、後期高齢者医療制度が開始されました。しかし、今後50年以内には国民の半数近くが高齢者となる予測です。この制度が、ずっと継続するとは思えません。老人に対する介護や・医療は、今後どのように考えればいいのかが低成長経済と少子高齢化社会での課題です。2006年の「健康保険法を一部改正する法律」...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ