医薬品卸売業の動向

医薬品卸売業の動向記事一覧

医療用医薬品卸の分類と役割について

日本の医療用医薬品流通は、「卸業」が担っています。業態や規模は、様々なものがあり、国内には、100社以上があります。営業担当者は、MSと呼ばれます。彼らは医療機関への医薬品の情報提供や納入価格を決めるなど、きわめて重要な役割です。日本国内の病院は9000軒、一般診療所は99000軒、調剤薬局は510...

≫続きを読む

 

医薬品卸業界の動向について

医薬品卸業の経営環境は、厳しい状況が続いています。従来の慣行が、かえって悪化させています。これからは、経営手腕が問われます。直近の統計では大手6社、すべてが大幅減益となってる今、打開策を模索しています。1992年に医療機関・薬局と製薬会社との価格交渉が禁止され、価格決定権は医薬品卸業者に移行されまし...

≫続きを読む

 

医薬品卸の再編が急速に進む

医療用医薬品卸業界では、吸収合併などの再編が急速に進行しました。経営環境変化に単独では経営を維持できず、巨大化することでのスケールメリットを出し、生き残りをかけているのです。大手広域総合卸に終結した結果、4グループによる市場体制が確立しました。4グループとは、「メディセオ・パルタックホールディングス...

≫続きを読む

 

メディセオ・パルタックHDの動向について

メディセオ・パルタックホールディングスは、同業・異業種との統合・提携を進めました。その結果、国内初の売上高2兆円卸企業となりました。物流網が高度に整備され、医療用医薬品とヘルスケア事業を併設する「新業態卸」で、国内に新しい風を巻き起こしています。医療用医薬品業界でトップのメディセオ・パルタックホール...

≫続きを読む

 

アルフレッサHDの動向について

メディセオ・パルタックHDと共に業界再編成を主導したのがアルフレッサHDです。現在は売り上げ2兆円を達成目標として諸策を実行しています。経営体質強化は、余剰人員の整理・物流コスト圧縮を行います。攻勢では、経営陣の交代や中国市場への参入などを行っています。2003年秋は、すでに医薬品卸業の市場環境が変...

≫続きを読む

 

スズケンの動向について

スズケンは、自力での全国制覇を目論んでいました。市場環境が悪化したためM&Aも取り入れて全国網羅した形が出来上がりました。しかし、課題は山積しています。もっとも大きな課題は、逆ザヤからの脱却です。スーパーMSによるメーカーへのフィー課金構想を一策として出しています。1932年、鈴木謙三商店(名古屋)...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ