医療用医薬品卸の分類と役割について

医療用医薬品卸の分類と役割について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日本の医療用医薬品流通は、「卸業」が担っています。業態や規模は、様々なものがあり、国内には、100社以上があります。営業担当者は、MSと呼ばれます。彼らは医療機関への医薬品の情報提供や納入価格を決めるなど、きわめて重要な役割です。

 

日本国内の病院は9000軒、一般診療所は99000軒、調剤薬局は51000軒あります。これら医療機関と医薬品メーカーの間には、医療用医薬品卸業者が介在して流通を担っています。医薬品メーカー単独では、経済的にも時間的にも膨大な顧客に直接医薬品を扱うのは無理があるからです。

 

医療用医薬品卸の分類と役割について

 

卸業者は、複数の医薬品メーカーから仕入れた医薬品を医療機関に必要数、必要時に販売するのです。ストックヤードの役割です。医療機関対象に医薬品を卸すのは医専、薬局対象は薬専と呼ばれます。多くは中小企業で、地域限定で卸すので地場卸と呼ばれています。医専、薬専の両部門を持つのは総合卸、その中で国内を広範囲にカバーするのは広域卸です。

 

すべての卸業者は、「日本医薬品卸業連合会」(卸連)に加盟していて、その数は100社を超えます。この業界の卸業は、取り扱い商品が患者の生命に関与しており、保管・配送・販売などに薬事法上の規制が厳格で、専門知識が必要とされます。

 

スポンサーリンク

 

MSが医薬品流通の最前線で活躍している

 

医薬品卸の担っている機能というのは、物的流通機能、商的流通機能、情報機能、価格設定機能、財務管理機能、市場管理機能の6つと卸連はいいます。
それらの意味は次のとおりです。

 

  • 「物的流通機能」:仕入れ・保管・品揃え・配送・品質管理
  • 「商的物流機能」:販売促進・適正使用促進・コンサルティング
  • 「情報機能」:医薬品などの安全性と有効性の情報収集と提供
  • 「価格設定機能」:商品価値の判断と価格設定を行うこと
  • 「財務管理機能」:債権・債務の管理、資金運用などを通じ、経営資源の効率化を画策
  • 「市場管理機能」:市場ニーズの的確な把握と医療ニーズに応需すること

 

これらを現場で直接行うのが、MS(Marketing Specialist)です。卸連加盟業者の従業員数は5万人。そのうち半数がMSです。製薬会社の営業担当(MR)と共に販促・販売活動を行い、医療機関への納入価格を決定する重要な役目があるのです。

 

 

品質管理
医薬品の場合は、品質、有効性、および安全性に与える影響ならびに人の健康に与える影響を適正に評価し、処置する活動のこと。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ