日本の先進医療制度について

日本の先進医療制度について記事一覧

日本の先進医療の種類とは?

2006年、健康保険法が、一部改正されました。「高度先進医療制度」を廃止、「先進医療制度」の創設です。先進医療制度は、最先端医療を保険給付対象にすべきかどうかを判定するために設置されています。混合診療が認められ位置づけは、「評価療養」です。先進医療の分類先進医療制度は、健康保険法で「評価医療」との定...

≫続きを読む

 

重粒子線治療の特徴や効果について

先進医療では、最近は「重粒子線治療/陽子線治療」が思い浮かぶでしょう。数年前までは、放射線医学研究所附属病院(千葉県)のみで行われてきた治療です。2011年現在では、この施設は国内3ヶ所、陽子線治療施設は9ヶ所稼動しています。体の深部に集中照射重粒子線は、原子核をイオン化し加速させたビームのことです...

≫続きを読む

 

低侵襲手術とは何か?手術やシステムなどについて

外科手術は、患部を切り取りるためにダメージが大きいのが難点でした。20世紀終わり頃から、できるだけ傷も小さく切除も少なくと、体のダメージが少ない手術へと変化してきました。これが、『低侵襲手術』です。先進医療でも、この手術が承認されています。ロボット支援前立腺癌全摘術高齢化社会が進み、前立腺がんが増化...

≫続きを読む

 

ラジオ波焼灼法などの手術方法について

近年では、低侵襲手術が普及してきました。さらに、傷は小さくゼロになるように努力が続けられています。メスに変わる「ラジオ波焼灼法」「マイクロ波アブレーション法」などが開発されてきています。経皮的ラジオ波焼灼療法2004年に、肝臓がんに対する局所療法として、ラジオ波焼灼法が保険適用されました。実績を踏ま...

≫続きを読む

 

手術で使用する生体材料について

生体材料とは、病気やケガの際に、体の欠損(皮膚や骨など)を補うためのもので治療に用いられるものです。先進医療では、100%人工物であるもの、細胞や組織を利用したものが、いくつか認められています。重度尿失禁の人口括約筋治療前立腺全摘手術を受けると、ほぼ全例で尿失禁が認められるようです。半年程度で解決す...

≫続きを読む

 

癌ペプチドワクチン療法の特徴について

免疫療法は、手術や放射線、抗がん剤に次ぐ第4のがん医療として認知されてします。最近では、従来の免疫療法にプラスして、癌ワクチンやナチュラルキラー細胞を使った第3世代の免疫療法が承認されています。最適なペプチドを選択最近、『癌ペプチドワクチン療法』が、話題となっています。これは、癌細胞表面に突き出てい...

≫続きを読む

 

薬剤効果の事前評価について(抗がん剤・C型肝炎治療薬・ピロリ菌)

薬の効き方は、個人差があることがわかっています。最近は、無駄な投薬を避けるという考え方になってきました。抗がん剤や抗ウィルス剤は毒性が強いので、副作用を抑えることと経済的な側面からも、事前に薬の効き方を予測し合理的に投薬するようになってきています。抗がん剤の事前効果予測抗癌剤の効果を前もって予測する...

≫続きを読む

 

遺伝子診断でわかることは?メリットやデメリットについて

治療は、診断技術の精度が重要です。先天性疾患や家族性疾患の遺伝子診断、脳の活動状態は機能的画像診断で、病巣は蛍光マーカーで染色するなどの方法が、先進医療として承認されています。遺伝子診断と病気の早期発見『遺伝子診断』は、先天性疾患、家族性疾患を早期に発見します。発症予防や治療法の選択に効果的です。先...

≫続きを読む

 

胎児の外科手術について。カテーテル留置やレーザー焼灼術など

診断技術が進歩して、従来ではできなかった手術も可能になってきました。3Dエコーによって、胎児の病気や形がはっきりとわかります。治療も著しい発達を遂げてきました。なお、母体との関係など、リスクは残っています。しかし、先進医療に適した領域です。尿路閉塞に対するカテーテル留置胎児への先進医療として、まず最...

≫続きを読む

 

歯科・眼科再生医療について。インプラントや羊膜移植術など。

歯科と眼科は、高機能性素材や生体由来組織を使った機能の再生が、先進医療として承認されています。難治性の眼疾患への羊膜移植などの非常に革新的な技術も含まれています。今後は、色々な科での再生医療が進められていくでしょう。インプラント義歯歯が無くなったあとに、顎にボルトを埋め込んでその上に人工歯を被せるの...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ