病院の診療科目について

病院の診療科目について記事一覧

病院の診療科目は臓器別に成立している

治療を受けたいと希望する際に、気にするのは診療科の名前です。足のケガでは、耳鼻科にはいきません。では、診療科とは何でしょう。診療科とは診療科(診療科目)というのは、病院や診療所の医療の専門分野のことをいいます。西洋医学では、臓器別の診療科目体系が成立しています。厚労省もそれにならっています。厚労省の...

≫続きを読む

 

内科系診療科目の特徴について(神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科)

古代ギリシャでは、「患者の一部に集中しないで、全身を診ることが大切だ。」と、ヒポクラテスが述べています。近代西洋医学は、臓器を細部に診る傾向があり、人が疎かにされていました。この問題を見直す動きが出て、一般内科(総合内科)に期待が集まっています。内科の概要について内科というのは、薬物療法が主として用...

≫続きを読む

 

循環器系診療科目の特徴について(循環器内科・心臓外科・心臓血管外科・胸部外科)

日本では、食生活が欧米化しています。そのため、高血圧・高コレステロール・糖尿病などの生活習慣病が蔓延しています。それらは動脈硬化の原因となり、心血管疾患(循環器疾患)が増加しました。この病気は、癌と双璧をなすものです。現代人が克服しなければならない課題なのです。循環器病循環器は、体内に血液を循環させ...

≫続きを読む

 

消化器系診療科目の特徴について(消化器内科・消化器外科)

現代人に消化器疾患は、増加傾向です。消化管・胆のう・肝臓・すい臓に関係する病気ですが、最近は内視鏡治療法の進歩によって、消化管出血やポリープ、早期がんなどを内科的に治療することができるようになりました。消化器に生じる病気消化器というのは、摂取した食物を消化する器官とそのシステムを指します。具体的には...

≫続きを読む

 

神経・精神科系診療科目の特徴について(脳神経外科・神経内科・精神科・精神神経科)

現代社会は、ストレス社会です。そこには、心の風邪、心の病が、誰にでも起こりうるということが認識されるようになってきました。元気だった人が、うつ病を発症したりします。時代が非常に個人にとって過酷です。そんな時に必要であるのが、精神科医や診療内科医です。脳神経外科神経や精神を扱う診療科目は、脳神経外科、...

≫続きを読む

 

整形外科系診療科目の特徴について(整形外科・形成外科・美容(整形)外科)

形成外科では、体の形態に関する疾患を主として扱います。対象は、生まれつきの形態の異常、外傷によって生ずる変形や欠損の修復・補填、悪性腫瘍の切除に伴う欠損組織の回復などを行います。マイクロサージャリー(最小侵襲手術)などの手法が、進歩してきました。整形外科整形外科は、骨・人体・筋肉・関節などの運動をつ...

≫続きを読む

 

呼吸器系診療科目の特徴について(呼吸器科・呼吸器内科・呼吸器外科)

呼吸器疾患とは、呼吸器(上気道・気管・気管支・肺・胸膜など)に起こる病気の総称です。罹患(りかん)部分は、症状により多彩です。喘息・COPD・肺癌などは、患者数が多い病気です。これらは、呼吸器内科と呼吸器外科で分担して治療します。呼吸器呼吸器は、気道・肺胞・胸郭で構成されている器官で、呼吸に特化した...

≫続きを読む

 

産科婦人科系診療科目の特徴について

産婦人科は、女性特有の疾患、婦人科がん、妊娠、出産中心に診療を行います。産科学、婦人科学の統合する名称で、産婦人科が標榜されています。現在は、各々が独立して進歩しているのです。産科産婦人科は、女性の一生の中で起こるからだの変化を取り扱う科目です。妊娠、出産をはじめ老年期までを取り扱います。産科は、月...

≫続きを読む

 

小児科系診療科目の特徴について(小児科・小児内科・小児外科・小児歯科)

小児というのは、成人になるまでの発達する期間の人のことです。成長障害や成人には、見られない問題があります。臓器なども成人より小さく、物理的にも固有のものと捕らえたほうがいいのです。診療体系として、成人から区別され、独立して小児系診療科目群を作っています。小児科・小児内科小児科系というのは、新生児から...

≫続きを読む

 

感覚器系診療科目の特徴について(皮膚科・眼科・耳鼻咽喉科)

感覚器とは、動物が感覚情報を外部から受け取る受容器で、多くの器官があります。目、耳、鼻、舌、皮膚などが含まれます。感覚器には、固有の病気があります。従って、診療科目も独立しています。皮膚科皮膚を中心にした、疾患を診断・治療・研究する医学の一分野に『皮膚科』があります。具体的には、以下のようなものがあ...

≫続きを読む

 

排泄器系診療科目の特徴について(泌尿器科・腎臓内科・肛門科・性病科)

排泄器官で、尿を作り出して体外に排泄するために働く器官を総称して『泌尿器』といい、これを扱う診療科目に、腎臓内科や泌尿器科があります。便を作り排泄するのは、大腸・肛門であり、これを扱うのは肛門科です。泌尿器科泌尿器科の守備範囲は、「泌尿器の疾患」と「男性性器の疾患」を対象としています。臓器の対象は、...

≫続きを読む

 

免疫疾患系診療科目の特徴について(膠原病・リウマチ内科・免疫・アレルギー内科・ア...

自己免疫疾患とは、自分自身の正常細胞・組織に過剰反応して、免疫系が攻撃を加えてしまうものです。関節リウマチ、全身性エリテマトーデス(SLE)代表の膠原病は、全身性自己免疫疾患に含まれています。膠原病・リウマチ内科自己に対する免疫反応により引き起こされる疾患は、『自己免疫疾患』といいます。その中で、全...

≫続きを読む

 

検査系診療科目の特徴について(放射線科・中央検査部)

放射線科(放射線医学)では、放射線を用いて診断・治療を行います。この分野は、技術進歩が大きく、他の診療科ともタイアップして行います。中央検査部(科)は、主に生体検査が担当です。各科の診療を底辺から支えます。放射線科(診断領域)放射線科・診断領域では、レントゲン(X線)、CT、MRI、SPECT/PE...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ