循環器系診療科目の特徴について

循環器系診療科目の特徴について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日本では、食生活が欧米化しています。そのため、高血圧・高コレステロール・糖尿病などの生活習慣病が蔓延しています。それらは動脈硬化の原因となり、心血管疾患(循環器疾患)が増加しました。この病気は、癌と双璧をなすものです。現代人が克服しなければならない課題なのです。

 

循環器系診療科目の特徴について(循環器内科・心臓外科・心臓血管外科・胸部外科)

 

循環器病

 

循環器は、体内に血液を循環させる器官(血管と心臓)と全体のシステムをいいます。個々に病的な不具合があれば、循環器病といいます。高血圧、虚血性心疾患、不整脈、心臓弁膜症、心筋症、大動脈瘤(大動脈解離)、先天性心疾患、心不全などです。

 

これら疾患を、内科的に治療するのは、循環器内科です。外科的に治療するのが、心臓外科・心臓血管外科・胸部外科です。

 

スポンサーリンク

 

循環器内科

 

かつては、高血圧・狭心症・不整脈といった疾患の薬物治療が、循環器内科の主たる仕事でした。心臓カテーテル治療(冠動脈インターベンション)が導入されると、存在感が一気に高まったのです。

 

心臓カテーテル治療というのは、細いチューブを血管に挿入して、冠動脈の病変した部分を風船で拡張したり(冠動脈形成術)、ステント(金属メッシュの筒)を入れておく方法です。治療方法は局部麻酔で行います。

 

バイパス手術は胸を開き侵襲(しんしゅう)が多いので、このカテ−テル治療は負担が少なく、日本国内では急速に普及したのです。この治療のあとも、冠動脈疾患の危険因子はコントロールしなければなりません。その他の危険因子である、高血圧や高コレステロール血症の治療、そして禁煙や適度な運動、肥満解消などが重要です。

 

 

心臓血管外科

 

心臓血管外科では、冠動脈高度狭窄、心臓弁膜症、教腹部大動脈瘤や急性大動脈解離などを手術で治療します。これらは、薬物治療では管理が難しいものです。冠動脈狭窄のバイパス手術は、心臓血管外科の基本的な手術です。

 

循環器内科は、低侵襲治療を展開しています。心臓血管外科も、侵襲性が高い手術は少なくなっています。小切開ポートアクセス法での僧帽弁形成術や心房中隔欠損症手術、胸部および腹部大動脈瘤へのステントグラフト治療が精力的に検討されています。

 

今後は、心臓血管外科領域でも低侵襲手術が第1選択肢となります。それが困難な場合は、侵襲的手術を行うようになるでしょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ