消化器系診療科目の特徴について

消化器系診療科目について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

現代人に消化器疾患は、増加傾向です。消化管・胆のう・肝臓・すい臓に関係する病気ですが、最近は内視鏡治療法の進歩によって、消化管出血やポリープ、早期がんなどを内科的に治療することができるようになりました。

 

消化器系診療科目の特徴について(消化器内科・消化器外科)

 

消化器に生じる病気

 

消化器というのは、摂取した食物を消化する器官とそのシステムを指します。具体的には、消化管(食道・医・十二指腸・象徴・大腸結腸)と胆のう・すい臓をいいます。個々に生じる病気を、消化器疾患(消化管疾患)といいます。

 

病名としては、逆流性食道炎(GERD)、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、炎症性・虚血性腸疾患、大腸ポリープ・大腸がん、脂肪肝・肝炎・肝硬変・肝臓がん・水煙・すい癌、胆のう炎・胆石などがあります。

 

消化器疾患を内科的に治療するところが、胃腸科・消化器内科です。それを外科的に治療するのが、消化器外科です。消化器内科は、技術進歩が著しく、薬物療法や内視鏡的切除術も行っています。

 

スポンサーリンク

 

消化器内科

 

内視鏡が、消化器内科学を飛躍的に進歩させました。内視鏡というのは、先端にレンズのついた細管です。口や鼻の穴、肛門から挿入します。消化器を内部から直接観察し、治療も行うことができる医療器具です。内視鏡も進歩が著しく、柔軟で、高度な診断や治療が可能です。

 

超初期の胃がん(リンパ節転移のないもの)では、内視鏡的粘膜切除術をもちいます。これは、病巣のある胃粘膜組織を内視鏡で完全に焼きとります。治癒ができますし、外科手術では削除する胃を全部位残すことができるのです。

 

消化器外科

 

手術の必要な消化器の疾患や、消化器癌(進行したもの)の回復手術、臓器移植などが、消化器外科の守備範囲です。手術余要する消化器疾患というのは、食堂・胃静脈瘤、難治性の胃・十二指腸潰瘍、クローン病、すい胆管合流異常症などです。

 

消化器癌は、胃がん、食道がん、大腸がん、消化器官間葉系腫瘍、肝がん、膵がんなどです。移植は、肝移植、すい腎または水単独移植があります。手術でなければ、治らない病気もあります。内視鏡手術が普及したとしても、消化器外科は必要です。

 

最近の傾向は、低侵襲手術の方向です。腹腔鏡を用いた手術が開発されています。術後は、速やかに回復し早期退院が可能となりました。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ