産科婦人科系診療科目の特徴について

産科婦人科系診療科目の特徴について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

産婦人科は、女性特有の疾患、婦人科がん、妊娠、出産中心に診療を行います。産科学、婦人科学の統合する名称で、産婦人科が標榜されています。現在は、各々が独立して進歩しているのです。

 

産科婦人科系診療科目の特徴について

 

産科

 

産婦人科は、女性の一生の中で起こるからだの変化を取り扱う科目です。妊娠、出産をはじめ老年期までを取り扱います。産科は、月経に関するもの、妊娠、出産、不妊症など性周期や妊娠意見連するものを扱います。

 

婦人科は、更年期障害、感染症、婦人科がんを扱います。産科では、『不妊治療』、妊娠、出産、性周期医学を取り扱います。最近、晩婚化、生殖補助技術の進歩で、不妊治療が増えてきています。妊娠は、「タイミング法」「人工授精」「体外受精・顕微鏡受精」のいずれかで行われます。

 

スポンサーリンク

 

産科が、減少傾向にあります。医療側の訴訟リスクを恐れたものが多く、産科・産院の閉鎖が相次ぎました。死産、分娩関連の重度な脳性障害などの問題が多発し、リスク回避の方向へ向かっているからです。

 

ジプシー妊婦、破水妊婦のたらいまわしなどの社会問題が起こりました。政府は、助産院の増加政策、産科医療保障制度などを作り対応しています。分娩機関の加入する損害保険を、『産科医療保障制度』といいます。分娩関連重度脳性麻痺児が生まれた場合に、適応されるものです。

 

 

婦人科

 

婦人科は、女性の特有の病気を全て扱います。月経不順、月経困難症、更年期障害、各種感染症、子宮内膜症、尿失禁、婦人科性腫瘍、婦人科性悪性腫瘍(癌)などを担当します。婦人科は、内科、外科的疾患を扱います。

 

この分野の技術進歩も、著しいものがあります。子宮頸がんのレーザー手術(レーザー円錐切除術)など普及しつつあります。これは、子宮頸部だけの切除で子宮は保存されます。(子宮温存術)

 

20代、30台でも、この手術が増えています。早期発見が重要です。子宮頸癌検診は、ぜひ受けるべきです。殆どの市区町村自治体で、検診が実施されています。海外では、高校生でも全員検診の国もあります。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ