病院の仕組みについて

病院の仕組みについて記事一覧

経営母体と病院の規模について

1950年、医療法人という法人類型が創設されました。経営主体を法人化することで、医業の永続性が確保できます。この場合、医業の非経営性は損なわれません。日本では、4万5000以上の医療法人があり、患者治療を行っています。医療機関の規模と役割について医療機関は、「病院」と一般的に呼ばれます。しかし、規模...

≫続きを読む

 

病院の様々な経営形態について

病院の経営形態は、様々です。国立病院、公立病院、社会保険関係団体の病院、医療法人の病院などです。軽症から重症までの患者を分担して、地域医療を総合的に形成しているのです。医療法人の病院病院は、経営母体ごとに分類されています。医療法人(医療法人立病院)が最も多く、国内に5万件弱の施設があります。大半がク...

≫続きを読む

 

病院で働くスタッフの種類について

医療関係職種で人気が高いのは、医師、看護師、薬剤師がベスト3です。国内での医師28万人、看護師130万人(准看護師含む)、薬剤師27万人が業務についています。人員増強が問題で、今後の医療政策および経営面から課題です。医療関係の職種について病院は、専門職集団で形成されています。資格保有者が殆どで。資格...

≫続きを読む

 

かかりつけ医からの紹介状の利点とは?

厚生労働省は、病院と診療所の機能分担を推進しています。そのため、他の医療機関からの紹介状がなく200床以上の病院を初診で受診した時、初診料・診療費のほか、各病院が定めた金額(保険外併用療養費)を徴収する制度を定めています。かかりつけ医の紹介状について病院には、多くの診療科があります。一般人は、どこで...

≫続きを読む

 

病院での診断の流れ

病院では、色々な検査を行って病気を診断します。無用な検査はしないで、必要検査のみを的確に実施することが求められます。医師は患者に問診や身体を診察して、病気の原因を想定します。判定するのに必要な検査を選び実施していきます。面接と身体検査について病院での診察の順序は、以下の通りです。問診票記入医師の面接...

≫続きを読む

 

インフォームドコンセントの目的とは?

以前は、医師が一方的に治療内容を決定しました。事前説明は、何もなく治療が実施されていました。現在では医師は、患者と治療方針を話し合って決めなければいけないのです。全てが説明・同意の下で進められるのです。パターナリズムとは?かつて「医師」と「患者」は、先生と生徒のような関係でした。専門家と素人というこ...

≫続きを読む

 

患者の権利であるセカンドオピニオンとは?

よりよい決断をするために、当事者以外の専門知識をもつ第三者に意見を求めることをセカンドオピニオンといいます。アメリカの医療では、セカンドオピニオンが常識です。それを嫌がる主治医はいません。患者の正当な権利『センカンドオピニオン』とは、主治医(かかりつけ医)以外の医師に、現在の治療の妥当性や今後の方向...

≫続きを読む

 

病院連携とは何か?

病院連携は、診療所と病院の連携をいいます。従来は何となく・・という感じで行われてきました。しかしl医療制度改革の一環で、国内では急激に普及しました。病診連携は、現代医療の標準スタイルです。この制度は患者側から普及していくことが重要です。診療所と病院の役割分担日本国内には、診療所が10万、病院が1万あ...

≫続きを読む

 

地域連携計画制度とは何か?

地域医療連携とは、その地域で完結型の医療を実現することです。そのためには、中核病院、専門病院、診療所、介護施設、リハビリテーションセンターなどが一体となることが大切で地域ぐるみとなることです。患者の視点に立った医療を目指す一人の患者の治療は、一人の医師で完結することはありません。例えば、脳卒中の場合...

≫続きを読む

 

診療ガイドラインとは何か?

診療ガイドラインというのは、専門家が分かりやすく編集した、病気の予防や診断、治療、予後予測など診療の根拠や手順の指針とその書類をいいます。目的は、医療現場で適切な診断と治療を補助することです。差のない医師間の診断と治療医師は、教科書的な医療技術だけでなく、自分の経験から増えた知識をプラスして、患者の...

≫続きを読む

 

医療機能評価の取り組みや指針について

国民が適切で質の高い医療を受けることができることは、医療を受ける立場、提供する立場のいずれもが望んでいることです。現在、公益財団法人・日本医療機能評価機構が、信頼できる医療の確保と質の向上をになっているのです。中立的な評価について公益財団法人・日本医療機能評価機構(JCQHC,以下「機構」と略す)は...

≫続きを読む

 

医療過誤や医療事故の事例と訴訟について

医療過誤とは、医療における過誤(かご)により患者に被害が発生することをいいます。医療事故の中で、医療者のミスで発生した患者への被害を医療過誤として区別します。加害者側には民事、刑事罰が科せられます。医療過誤とは医療行為によって発生したトラブルや事故の全ては、医療事故(民事訴訟の対象)です。その中で『...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ