病院連携とは何か?

病院連携とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

病院連携は、診療所と病院の連携をいいます。従来は何となく・・という感じで行われてきました。しかしl医療制度改革の一環で、国内では急激に普及しました。病診連携は、現代医療の標準スタイルです。この制度は患者側から普及していくことが重要です。

 

病院連携とは何か?

 

診療所と病院の役割分担

 

日本国内には、診療所が10万、病院が1万あります。これらは混同しがちですが、役割は大きな違いがあります。まず、制度上は、診療所には入院設備がないか、入院ベッドは19床以下です。外来患者の診察中心です。病院は、入院ベッド数が20床以上持っている医療施設を指します。入院医療が主体で、救急医療、専門医療、高度医療を専門とします。

 

昔から、診療所と病院は役割を分担してきたのです。簡単な病気(風邪や腹痛)の時は、かかりつけ医(診療所や小規模病院)で診療を受けます。かかりつけ医の判断で、高度医療が必要と判断すれば「病院」を紹介されました。病院側からは、病状が回復すれば、患者を診療所に戻します。

 

問題は、診療所から病院へ患者を送ると抱え込んでしまうのです。診療所では患者の減少を嫌がり、病院の紹介を控えるようになり、患者の医療に適切さを欠いてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

政府が病診連携を牽引

 

医療のゆがみを解消するため、政府は病院と診療所の連携を強化しました。『病診連携』です。これによって、地域の要となる診療所と、専門医療を行う病院とが各々の役割を分担していくことで、患者が適切な医療を受けられ、さらに国民医療費の伸びを抑え態のです。

 

今までは、患者・診療所・病院のいずれもの意識が旧態然としたままでした。病診連携は進まなかったのです。政府は、病診連携を進めるには、それなりのメリットがないと進展しないと考え、双方にメリットがある仕組みを作りました。

 

そうすると、急激に全国へと波及していったのです。医師たちは本来病診連携の重要性は十分認識していました。制度化改革は広域かつ整然と病診連携を加速させたのです。

 

 

地域医療の要である診療所と、専門医療を行う病院との連携を強化するのが「病診連携」です。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ