インフォームドコンセントの目的とは?

インフォームドコンセントの目的とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

以前は、医師が一方的に治療内容を決定しました。事前説明は、何もなく治療が実施されていました。現在では医師は、患者と治療方針を話し合って決めなければいけないのです。全てが説明・同意の下で進められるのです。

 

インフォームドコンセントの目的とは?

 

パターナリズムとは?

 

かつて「医師」と「患者」は、先生と生徒のような関係でした。専門家と素人ということで、上下関係があったようなものです。従って、医師のみの判断で治療方針を決定し、患者は無抵抗といった状態でした。これを『パターナリスム』といいます。

 

この言葉の意味は、強い立場のものが、弱い立場にあるもののために利益があると、弱者の意思に反して一方的に行動したり干渉したりすることをいいます。日本語は、『父権主義』と訳されます。患者は知識がないのでいちいち説明しても無意味であるから、医師は毅然とした態度で治療を断行するのでいい、という考え方です。

スポンサーリンク

 

1970年代のアメリカで、これと違った考え方が示されました。『医師は患者に対して、治療内容、方法や意味、効果、危険性、その後の予想や費用などを、十分分かりやすく説明して、患者の同意を得た後治療する。また、医師と患者で共に治療方針を考える』というものです。

 

そして、これは一気に普及していったのです。これは、『インフォームドコンセント』と呼ばれます。こちらのほうが、パターナリズムより人間らしい考え方に立っています。

 

 

日本のインフォームドコンセントについて

 

インフォームドコンセントは、患者の知る権利の保障と共に、病気や治療の理解を深めることで患者が病気に対して前向きになる効果もあります。1990年ごろには、アメリカから日本にこの概念が導入されました。日本歯科医は、「説明と同意」と約しました。

 

その後日本では、徐々に広がりました。現在この概念は、意志の基本的義務の一つになっています。ただその反面、高齢者は理解力が衰えているため、医師の説明に興味を示しません。従って、家族が付き添って、本人と代わり医師と相談して、治療方針などを決めることになります。そうして、インフォームドコンセントは保たれます。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ