かかりつけ医からの紹介状の利点とは?

かかりつけ医からの紹介状の利点とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

厚生労働省は、病院と診療所の機能分担を推進しています。そのため、他の医療機関からの紹介状がなく200床以上の病院を初診で受診した時、初診料・診療費のほか、各病院が定めた金額(保険外併用療養費)を徴収する制度を定めています。

 

かかりつけ医からの紹介状の利点とは?

 

かかりつけ医の紹介状について

 

病院には、多くの診療科があります。一般人は、どこで診察してもらうのかが分かりません。まず、近くの医院(かかりつけ医)で診療を受け、専門医の治療が必要ならば、必要な診療かを紹介する仕組みです。その際、かかりつけ医は、紹介状(診療情報提供書)を書くのです。

 

このステップなしに、直接大きな病院でも診察を受けることができますが、紹介状がなければ初診時に自費が必要となります。

 

スポンサーリンク

 

大病院の役割とは?

 

人の心理として、病気になった時は大きな病院で診察したほうが安心と思うものです。しかし、病院には役割があり、軽い病気は開業医が、重い病気は高度専門化された大病院が診療します。交通整理を紹介制度(紹介状)が行っています。

 

高度専門病院では、原則紹介制です。紹介状がないと受診できないことが多いのです。まず、開業医レベルで診療を受けて欲しいということです。高度医療専門医が、軽症患者に時間を費やさないですむのです。

 

 

患者にも何らかの事情があり、直接大病院へ出向くこともあります。患者は医療を受ける権利があるので、病院は拒否できません。その代わり、紹介状がなければ、ペナルティーとして自費徴収をされます。

 

通常は、初診に関する保険外併用療養費(選定療養)と呼ばれます。病院ごとに支払い金額が異なります。一般には3000円前後、5000円ほど請求されることもあります。(初診時のみ)200床以上の病院を総海上なしで尋ねた場合の法的な支払い義務です。健康保険は適用外です。支払いがイヤなら、かかりつけ医の紹介状を持って大病院を訪ねなければなりません。

 

 

開業医と専門化された大病院との交通整理の役割が紹介制度(紹介状)である。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ