病院で働くスタッフの種類について

病院で働くスタッフの種類について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

医療関係職種で人気が高いのは、医師、看護師、薬剤師がベスト3です。国内での医師28万人、看護師130万人(准看護師含む)、薬剤師27万人が業務についています。人員増強が問題で、今後の医療政策および経営面から課題です。

 

病院で働くスタッフの種類について

 

医療関係の職種について

 

病院は、専門職集団で形成されています。資格保有者が殆どで。資格数は、30を越えます。これらは国家、公的資格、民間資格を合計したものです。医療関係職種に守秘義務が課せられているものが24あります。

 

医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、衛生検査技師、理学療法士、作業療法士、視覚療法士、言語聴覚士、臨床工学技士、義肢装具士、救急救命士、歯科衛生士、歯科技工士、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、精神保健福祉士

 

総務省統計で、これらのいずれかへの医療関係職種への就業者は350万人になっています。

 

スポンサーリンク

 

医師が不足している現状

 

厚生労働省によれば、今後診察が必要な患者数は15年で現在の倍になると予想しています。未曾有の高齢化社会を迎える日本では、やむをえない未来の姿です。これに伴い、医療従事者の増加も必要とされています。しかし、実際には容易ではありません。

 

長期不況で、医療の基盤が不安定になっています。病院経営が困難な今、安易な人員増かは命取りです。病院運営費用の内訳は「人件費」、「材料費」、「経費および委託費」の3つに分けられます。

 

 

内訳を見てみます。1床1ヵ月あたりでは、人件費72万円、材料費38万円(薬剤費23万円)、諸経費21万円です。これをみると人件費が最も高いので、的確なコントロールが必要です。病院人件費で最も高額は医師です。勤務医の総数は、2000年に25万人でしたが、現在28万人です。2025年には34万人との予測です。

 

患者の増加があるので医師も増加しなければなりませんが、人件費の捻出と維持が、医療財政にとって最大の課題です。

 

 

病院は、医師をはじめ、30以上の多様な専門職の集団で運営されている。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ