患者の権利であるセカンドオピニオンとは?

患者の権利であるセカンドオピニオンとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

よりよい決断をするために、当事者以外の専門知識をもつ第三者に意見を求めることをセカンドオピニオンといいます。アメリカの医療では、セカンドオピニオンが常識です。それを嫌がる主治医はいません。

 

患者の権利であるセカンドオピニオンとは?

 

患者の正当な権利

 

『センカンドオピニオン』とは、主治医(かかりつけ医)以外の医師に、現在の治療の妥当性や今後の方向性について相談することです。医者を乗り換えることではありません。主治医と関係は良好であっても、冷静に第三者の意見を聞くことは大切です。

 

患者が主治医の診断結果に疑問を持った場合、他の専門家の意見を聞き、気持ちが落ち着くことができ、主治医への信頼も回復することができます。アメリカでは既にセカンドオピニオンは常識です。診断の最後に、主治医から「セカンドオピニオンが必要なら手配します」と医師から申し出るほどです。日本は、まだそこまではいっていません。

 

スポンサーリンク

 

主治医は、自分の診断に信頼されていないことに不快感を示し、患者は主治医との関係を悪くしたくないことで罪悪感や遠慮をします。ただ、現代医学では、セカンドオピニオンは患者の正当な権利です。癌であれば、納得して治療を受けなければなりません。セカンドオピニオンは不可欠です。

 

ですから、主治医には短く「セカンドオピニオンの意見も聞いて、納得して治療を受けたい」といえばいいです。もし、医師を変えるなら、黙って去ればいいだけです。

 

 

診療情報提供所

 

セカンドオピニオンに相談する時には、診断情報提供所を主治医に作成してもらう必要があります。意見を求められた医師(セカンドオピニオン)は、検査結果、治療経過、現在の症状を把握して患者にアドバイスしなければなりません。

 

そのために診療情報提供書が必要となるのです。セカンドオピニオンは、主治医を介さないで行うことはできないのです。主治医を不快にさせず、いい関係を保ちながら、セカンドオピニオンの話を聞いて判断したいと主治医に申し出て、診療情報提供所を書いてもらうことが大切です。

 

以前はセカンドオピニオンを引き受ける医師が少なかったのですが、最近ではセカンドオピニオン外来というものもあります。そこで、セカンドオピニオンを求めればいいのです。

 

 

主治医との関係を保ちながら、専門的知識をもった第三者に意見を求めることを「セカンドオピニオン」という。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ