医療関係の法律について

医療関係の法律について記事一覧

健康保険法とは何か?

日本には、世界に誇れる「国民皆保険制度」があります。貧富の差がなく、全国民等しく医療を受けることができるのです。この制度を保障しているのが健康保険法、国民健康保険法です。国民皆保険制度の根幹です。健康保険法とは?「労働者の業務外の事由による疾病、負傷、死亡又は出産、及びその被扶養者の疾病、負傷、死亡...

≫続きを読む

 

高齢者医療確保法の概要とは?

高齢化が急激に日本では進んでいきます。医療や介護は高齢者にとって必要で、増加の一途をたどっています。日本では高齢者医療と介護を、同じ枠内、すなわち医療で賄ってきたのです。しかし、現在は高齢者の医療と介護が分離されました。各々の法律の下で運営されています。高齢者医療確保法とは?高齢者医療確保法(正式名...

≫続きを読む

 

医療法とは何か?

医療法は、日本の医療提供体制の根幹をなしています。内容は、病院、診療所、助産所の開設や管理に必要事項、施設の整備推進のための必要事項、国や地方自治体の責任、医療者の責任などを定めたものです。医療法の目的とは?この法律の目的は、「医療を受けるものの利益と保護」、「良好かつ適切な医療を効率的に提供する体...

≫続きを読む

 

医師法の施行規則とは?

医師は、「医師法」によって様々な医療行為に規定があります。それらは、療養指導義務、応召義務、診断書の交付義務、処方せんの交付義務、異常死体・異常死胎の届出義務、医師の現状届け、診療録の記載および保存義務などです。医師法とは?医師法は、医師の免許、国家試験制度、業務上の義務を規定した法律です。国民は、...

≫続きを読む

 

薬剤師法とは何か?

薬剤師は、医師の処方や薬物療法をサポートする専門家です。看護師(準看護師)は、医師の診療の補助する役目です。助産師は、正常分娩を解除するエキスパート。保健師は、地域の保険を守る役目です。それぞれが存在し、連携して日本の医療・保険・福祉を守っています。薬剤師法とは?薬剤師の業務は多岐に渡っています。「...

≫続きを読む

 

救急救命士法の施行令とは?

救急隊員(救急車に搭乗)は、救急技術員の資格のみを持っています。医療行為などは、一切できません。しかし、重度傷病者の救命率を向上させるために、「救急救命士」の資格が設けられました。一部医療行為(特定医療行為)が、許されるようになりました。救急救命士法とは?救急救命士は、救急救命処置を行います。医療機...

≫続きを読む

 

歯科衛生師法とは何か?

歯科衛生士の役割は、「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」があります。具体的には、歯科医師の管理・指導のもとで、虫歯や歯周病などの口腔疾患の予防・衛星指導などの歯科医療全般の補助を行います。歯科衛生師法とは?歯科衛生士は、歯科医の看護師です。また、歯科医師の業務サポートをします。また、保健...

≫続きを読む

 

臨床工学技士法の施行令とは?

臨床工学技士は、医療機器の専門医療職です。医師、看護師など各種医療技術者とチームを組み、生命維持装置の操作などを担当します。医療機器の保守点検も担当しています。安全性と有効性維持に貢献しています。臨床工学技士法とは?臨床工学技士の代表的な業務は、血液浄化療法(人口透析装置の操作や点検)、手術室での業...

≫続きを読む

 

薬事法の施行規則とは?

1960年、政府は国民皆保険を基本とする健康保険制度を発足させることになりました。そこで、それまでの薬事法を全面改定して、現行の薬事法を発足させたのです。薬事法はその後、医薬品・医薬部外品・化粧品・医療器具の4つを、安全性と有効性の面から監視しているのです。薬事法の目的とは?薬事法の目的は、以下の通...

≫続きを読む

 

医薬品医療機器総合機構法の施行令とは?

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、2004年に設立され、「健康被害救済」「審査」「安全対策」の3つの業務を行っています。もともとは、個別に業務を行っていた3つの機関でした。業務効率化のため、機能が1ヶ所に集められたのです。医薬品医療機器総合機構とは?医薬品医療機器総合機構(PMDA)...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ