歯科衛生師法とは何か?

歯科衛生師法とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

歯科衛生士の役割は、「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」があります。具体的には、歯科医師の管理・指導のもとで、虫歯や歯周病などの口腔疾患の予防・衛星指導などの歯科医療全般の補助を行います。

 

歯科衛生師法とは何か?

 

歯科衛生師法とは?

 

歯科衛生士は、歯科医の看護師です。また、歯科医師の業務サポートをします。また、保健指導も行います。具体的には、歯ブラシの正しい使い方、歯磨きの方法などを教えます。この法律で、歯科衛生士は次の規定を受け、拘束をされます。(以下、抜粋、略記)

 

  1. 指定の歯科衛生士養成所を卒業し、所定の試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければなりません。
  2. 歯科医師の指示のもと、歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導を行います。単独では診療やレントゲン撮影は行えません。
  3. 歯科衛生士は、歯科保健指導を実施するに当たり、歯科医師もしくは医師の指示を受けなければなりません。また、同業に関して、管轄する保健所長の指示を受けた場合、これに従わなければなりません。
  4. 本法律に抵触したものは、業務停止、免許取り消し、罰金、懲役のいずれかに処せられます。

 

スポンサーリンク

 

歯科技工師法とは?

 

歯科技工士は、歯科医師が作成した指示書により、入れ歯、差し歯、銀歯などの制作・加工を行います。高度な精密加工技術、審美な感覚が必要です。歯科衛生士はその免許でこの業務はできません。

 

歯科技工士は、義歯だけでなく、口腔関連から、顎顔面領域の義眼、義指、耳介などの様々な補綴物を制作しています。本法律で、歯科技工士は、次のように規定されます。そして、拘束されています。(以下、抜粋、略記)

 

  1. 国家試験に合格した後、厚生労働大臣より免許が付与されます。
  2. 歯科医師もしくは歯科技工士以外が、歯科技工業務を行うことは禁止されています。
  3. 歯科医師の指示でなく、業として歯科技工業務を行ってはなりません。
  4. 歯科医師の診療を妨げるような歯科技工は許されません。
  5. 歯科技工士は歯科技工所を開設でき、その管理者となれます。
  6. 歯科技工を行う根拠となった歯科医師の指示書を、2年間保存しなければなりません。
  7. 歯科技工士はいかなる文書その他いかなる行為を持っても、広告行為は厳禁です。
  8. 本法に抵触したものは、業務停止、罰金、懲役に科せられます。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ