医師法の施行規則とは?

医師法の施行規則とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

医師は、「医師法」によって様々な医療行為に規定があります。それらは、療養指導義務、応召義務、診断書の交付義務、処方せんの交付義務、異常死体・異常死胎の届出義務、医師の現状届け、診療録の記載および保存義務などです。

 

医師法の施行規則とは?

 

医師法とは?

 

医師法は、医師の免許、国家試験制度、業務上の義務を規定した法律です。国民は、安心・安全で高質な医療を受けることができるのです。医師は、次のような規定を受け、拘束されています。(以下は抜粋・略記です)

 

  1. 医師になるには医師国家試験に合格し、構成労働大臣の免許を受けなければなりません。
  2. 免許取得後、2年間の臨床研修を受けなければなりません。
  3. 正当な理由がない限り、患者からの診療の求めを拒むことはできません。
  4. 自分で診断していない患者を治療してはいけません。
  5. 患者本人、あるいは保護者に、療養の方法などの指導をしなければなりません。
  6. 処方せんを発行しなければなりません。
  7. 問題となる行為があった場合は、業務停止あるいは免許取り消しの命令を受けます。
  8. 行政処分を受けた医師は、厚生労働省の再教育研修を強制されます。
  9. 医師法に反したものは、罰金または懲役に科せられます。

 

国内の医師は、現在25万人、医学部入学定員数は約7500名で推移しています。

 

スポンサーリンク

 

歯科医師法とは?

 

厚生労働省の医師の法的区分は2つです。すなわち、「医師」「歯科医師」です。(獣医師は農水省管轄です、農獣医師法で別途規定されています。)「医師」とは内科医・外科医・産婦人科医・小児科医などの専門区分に分かれます。

 

しかし、「歯科医師」だけは別区分となっています。歯科医師法は、それら「歯科医師」の免許や業務を規定している法律です。この法律で、歯科医師は次のような規定があり拘束されています。(以下抜粋、略記)

 

  1. 歯科医師国家試験に合格し、構成労働大臣の免許を受けなければなりません。
  2. 免許取得後、1年以上の臨床研修を受けなければなりません。
  3. 正当な理由がない限り、患者からの診療を拒んではなりません。
  4. 自分で診断していない患者を治療してはなりません。
  5. 問題ある行為があった場合は、業務停止あるいは免許の取り消し命令を受けます。
  6. 行政処分を受けた歯科医師は、厚生労働省の再教育研修を強制されます。

 

国内の歯科医師は、現在10万人、歯学部定員は薬3000名で推移しています。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ