日本の医療保険制度について

日本の医療保険制度について記事一覧

国民皆保険制度の歴史とは?

日本は「国民皆保険制度」があります。国民は日本全国どこでも同じ治療費で、貧富の差もなく、等しく医療が受けられます。この制度は、どのように作られたのでしょうか? これには戦争が関係しています。始まりは、富国強兵策の一環でした。国民健康保険法の制定について1938年(昭和13年)、日本で国民健康保険法が...

≫続きを読む

 

医療保険の海外事情について

日本の公的医療保険制度(国民皆保険制度)は、2000年、世界保健機構(WHO)から、世界最高の保険制度であるとの評価を受けたのです。充実した内容は、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中でトップクラスです。それに対して、アメリカは・・国民皆保険制度の始まりとは?国民皆保険制度というのは、まず国民は何...

≫続きを読む

 

アメリカの医療保険制度の実態について

日本政府は、今後医療制度改革を行っていきます。その時、アメリカを見習っていくような雰囲気を漂わせています。しかし、アメリカの医療保険制度には、大きな問題があります。それを参照するとは、看過できないものがあります。無保険者も多いアメリカアメリカにも、公的医療機関が存在していました。その一つは、高齢者や...

≫続きを読む

 

日本の国民皆保険制度の移り変わり

景気がよかった時代の日本には、老人医療が無料という時期が10年間ほどありました。しかし、少子高齢化社会、経済不況はそういった制度を消し去っていきました。医療費の急増の原因となる少子高齢化1961年に日本では、真の国民皆保険制度が適用されました。これより、医療給付体制は大幅な改善を見ました。しかし、そ...

≫続きを読む

 

日本の医療保険の種類について

1961年に、新国民保険法が全面改訂されました。その中で、国民は何らかの医療保険に加盟しなければなりません。これは、国民皆保険制度と呼ばれるものです。ここではそれ医療保険の種類と内容を解説します。会社員大企業(700人以上の従業員)、もしくは同一業種会社が集まって3000人以上の団体を作る場合、独自...

≫続きを読む

 

社会保険と国民健康保険の違いとは?

「社保」「国保」という言い方をします。サラリーマンの医療保険は社保、自営業者の医療保険が国保と理解すれば概ね正しいです。双方共に自己負担額は3割です。しかし、それ以外のところで不平等が生じているのです。3割負担で済む日本国民ならば、全員がいずれかの医療保険に加入しています。病気の時は、医療給付を受け...

≫続きを読む

 

日本の医療給付率とは?法定給付と付加給付について

医療保険(健康保険)に加入している本人と、その家族が病気や怪我で医療行為を行った場合、保険給付があります。保険給付は、医療そのものの給付と、治療にかかった経費を給付する方法があります。法定給付と付加給付とは?保険給付には、法定給付と付加給付の2つがあります。法定給付は、法律で保険者(社保、国保)に義...

≫続きを読む

 

日本の社会保障制度の問題点とは?

社会保障も、健全な収支が保たれていないと破綻します。現在は国内経済が低迷し、さらに税収、保険料徴収の主世代が少子のため減少、支出は高齢化社会で増加と、バランスが大きく崩れました。このままでは、制度維持は困難な状況です。政府の対策として、社会保障給付費を圧縮する方向に注力しています。医療コスト削減もそ...

≫続きを読む

 

75歳以上の医療費についての財源問題

日本は、未曾有の高齢化社会を迎えました。世界保健統計から、日本人女性の平均寿命は、86歳で世界第1位です。男性は、79歳で世界第3位です。今後も高齢化進展は避けられません。今後高齢者に対する医療財源の確保は重要課題です。後期高齢者の医療費負担が増える日本は、現在1億2000万人の人口を抱えていますが...

≫続きを読む

 

後期高齢者医療制度の問題点と廃止について

2011年末に政府は、75歳以上の対象後期高齢者医療制度を廃止し新制度への移行を国会で審議する方針としました。「高齢者医療改革法案」ですが、難航しています。しかし、待ったなしの逼迫した状況です。後期高齢者医療制度とは?後期高齢者医療制度は、75歳以上の後期高齢者全員、65〜74歳の前期高齢者で障害の...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ