国民皆保険制度の歴史とは?

国民皆保険制度の歴史とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日本は「国民皆保険制度」があります。国民は日本全国どこでも同じ治療費で、貧富の差もなく、等しく医療が受けられます。この制度は、どのように作られたのでしょうか? これには戦争が関係しています。始まりは、富国強兵策の一環でした。

 

国民皆保険制度の歴史とは?

 

国民健康保険法の制定について

 

1938年(昭和13年)、日本で国民健康保険法が制定されました(以下旧国保法)。それ以前にも、特定労働者(炭鉱夫など)への医療保障はあったのですが、国民全体を対象とする医療保険制度はありませんでした。

 

旧国保法には、都市部自営業者も加入できました。しかし本来の目的は、地方の農民の救済でした。農家は貧しく、凶作の年などはさらに追い討ちをかけます。大きな病気にかかると、医療費が払えません。そのため、娘の身売りや、一家心中などが起こっていたのでした。

 

蔓延した状況は、都市部の台所を脅かしました。そのため、経済活動や軍の兵隊も健康維持ができません。軍事政権では、兵力の衰弱は国の衰退です。そのため、貧しいものにも医療を受けさせる政策が取られたのです。これは、健兵健民政策の一環でした。

 

スポンサーリンク

 

国民皆保険制度へと発展

 

旧国保は、運営を組合が行っていました。それは国ではなく、職域や地域からなっていました。旧国保法制定以降に、全国には多くの国保組合が作られました。この制度は、普及していったのです。

 

しかし、この制度は長続きしませんでした。日本は第二次世界大戦に突入し、国は混乱しました。戦中戦後は物資難で医療費は高騰しました。さらに、保険料滞納が続き、次々と国保組合は消えていきました。

 

1948年、政府はこの状況を憂慮しました。運営主体は市町村の自治体に変更したのです。しかし多くの問題があり、旧国保法は色々な試行錯誤を行います。1956年は、鳩山一郎氏(第54代内閣総理大臣)が歴史に残る名演説をしました。「全国民を包括する総合的な医療保障、国民皆保険制度を作り上げる」ことを表明しました。

 

旧国保法は、全面改定されました。そして、1961年の国民健康保険法(新国保法)施行へとつながっていきました。このような経緯で、日本の国民皆保険制度が確立されていったのです。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ