社会保険と国民健康保険の違いとは?

社会保険と国民健康保険の違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

「社保」「国保」という言い方をします。サラリーマンの医療保険は社保、自営業者の医療保険が国保と理解すれば概ね正しいです。双方共に自己負担額は3割です。しかし、それ以外のところで不平等が生じているのです。

 

社会保険と国民健康保険の違いとは?

 

3割負担で済む

 

日本国民ならば、全員がいずれかの医療保険に加入しています。病気の時は、医療給付を受けることができます。(国民皆保険制度)いずれかの保険とは、こちらのページで説明したものです。これらのうちで、企業、団体で運営されているものは職域保険あるいは社会保険(社保)と呼びます。

 

いずれにも加入していない人は、各自治体の運営する国民健康保険に加入します。これは、地域保険あるいは市町村国保(国保)と呼びます。医療を受ける時、社保、国保共に本人が3割を負担します。昭和の頃は本人1割(社保)、3割(国保)と不平等でしたが、現在は同じです。

 

日本では社保、国保共に病院は自由に選べます(フリーアクセス)。日本ではこれは当然ですが、イギリスなどは医療機関を選択する自由はありません。日本は非常に恵まれています。

 

スポンサーリンク

 

社保と国保の違いとは?

 

社保と国保には、歴然とした違いがあります。保険料の支払いが1つ目です。社保では、本人と会社が折半して保険料を支払います。国保は、全額自己負担となっています。2つ目は疾病手当てです。社保では治療で仕事を休んだ差異の補填(疾病手当金)があります。国保にはありません。

 

3つ目は出産手当です。社保には、出産のための会社休業の補填(出産手当金)があります。国保にはありません。しかし、出産一時金はどちらも同じように支給されます。4つ目は扶養制度です。社保は本人、扶養家族が対象です。

 

しかし、国保は本人のみです。家族は、別途国保への加入が必要です。保険料支払い(マイナス)、医療給付(プラス)のバランスを考えると、社保、国保のどちらが有利かは判断できにくいのです。普通に考えると総合的には、社保の方が有利と思えるのです。

 

 

社保と国保の医療費自己負担は3割である。しかし、国保の保険料は全額本人が支払う。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ