日本の社会保障制度の問題点とは?

日本の社会保障制度の問題点とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

社会保障も、健全な収支が保たれていないと破綻します。現在は国内経済が低迷し、さらに税収、保険料徴収の主世代が少子のため減少、支出は高齢化社会で増加と、バランスが大きく崩れました。このままでは、制度維持は困難な状況です。政府の対策として、社会保障給付費を圧縮する方向に注力しています。医療コスト削減もその一環です。

 

日本の社会保障制度の問題点とは?

 

少子高齢化社会

 

社会保障の3大費目は、「年金」「医療」「福祉」です。これらは、全て年を追う毎に増加しています。財政収支の赤字に拍車がかかります。経済が右肩上がり、人口構成比がピラミッドであれば健全な状態といえ、社会保障も担保されます。

 

しかし、経済の低迷、少子高齢化では、この先の社会保障は不可能な状態になりつつあります。1970年以降、日本は高齢化社会に突入しました。社会保障費は経済成長率を上回り増加しました。不足分は国債で穴埋めしている状況です。

 

政府の施策は、社会保障費の伸びを圧縮することに全精力を注いでいます。医療コスト削減、雇用保険の失業給付への国庫負担見直し、生活保護見直し、組合健保・共済への協力金要請、診療報酬削減、年金開始時期の見直しなどです。

 

削減項目は、政府自身にまだ多くありますが、それはなおざりです。国民に負担を強いているといっていい施策です。

 

スポンサーリンク

 

医療制度改革の方向性について

 

医療費は、増え続けています。この抑制は、重要な課題です。実現するのが、医療制度改革というわけです。「医療財政立て直し」「医療費の適正化計画」「高齢者医療制度」「地域医療計画」「健康増進計画」「介護保険事業支援計画」の6つが柱となります。

 

医療費適正化では、診療報酬が大幅減額されています。人手の割りに低収入の小児科が激減してきています。地域の基幹病院も閉鎖が起こっています。支出カットが、医療費の抑制でなく、医療崩壊につながっているという研究者の意見もあります。

 

増え続けている医療費の大部分が、老人医療費です。1人当たりの医療費は、現役世代が13万円(組合健保の例)、後期高齢者86万円です。高齢者が増加するため、この額は増大するのは当然です。現役世代は、人数が減少していきます。支え続けるのは無理です。

 

この改善策は、老人が病気にならないことで医療機関の世話にならずに生きることです。

 

 

少子高齢化によって、社会保障の堅持がもはや不可能になりつつあり、医療コスト削減が重要な課題の一つとなっている。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ