日本の介護保険制度について

日本の介護保険制度について記事一覧

介護保護法の詳細について

老人福祉の財政破綻がありました。医療分野と切り離して老人保健法を制定しましたが、同様に破綻しました。そこで、新たに高齢者福祉・医療を担う仕組みが必要となりました。介護保険制度(介護保険法)、後期高齢者医療制度が設けられました。介護保険法1997年の介護保険法の総則では、以下のようになっています。「加...

≫続きを読む

 

介護保険法の財源は何か?

日本人は、3人に1人が高齢者という時代に突入します。高齢者は増加しますが、介護人の年齢も上がり、家族間での介護が難しくなってきます。社会全体で介護制度を支える仕組みが、必要なのです。介護保険制度への移行従来の保険制度には、医療と介護の間に明確な境界はありませんでした。従って、健康であるが、行き場のな...

≫続きを読む

 

介護保険の各種サービスについて。居宅サービスや地域密着型サービスなど。

介護保険では、要介護度に応じて介護支援専門員(ケアマネージャー)が、ケアプランを作成します。要介護者は、その通りのサービスを受けるのです。介護給付です。内容は、「居宅サービス」「居宅介護支援」「施設サービス」などがあります。居宅サービス居宅サービスの種類には、次のものがあります。居宅での入浴・排泄・...

≫続きを読む

 

要介護認定の基準やプロセスについて

介護保険サービス受けるには、最初に要介護認定が必要です。日本介護保険制度において、被保険者が介護を必要とする状態であるということを、保険者が認定するものです。介護認定には、5ステップがあります。要介護認定介護保険を使うには、まず必要とする高齢者あるいは保護者が、行政当局(市区町村)に対して利用申請を...

≫続きを読む

 

ケアマネージャーの受験資格や仕事について

ケアマネージャー(ケアマネ)の役割は、介護を必要とする人に福祉・医療・保険サービスを提供する仲介者です。介護保険の給付を受けるには、ケアマネとの接触が必ず必要となります。正式名称は、介護支援専門員といいます。国家資格であり、取得は大変です。介護支援専門員の資格介護支援専門員(ケアマネージャー)は、国...

≫続きを読む

 

訪問介護員の資格や仕事について

訪問介護員というのは、介護保険制度の下の資格です。居宅または、施設で身体介護及び家事援助が行えるものです。都道府県知事の指定する「訪問介護員養成研修・2級」を終了して、介護現場に大半が出ます。訪問介護員の増員介護保険制度が開始されて以来、課題は現場で直接従事する人材確保が過大です。政府は、介護福祉士...

≫続きを読む

 

介護報酬の仕組みや解釈について

介護報酬の見直しは、3年ごとです。過去2回、政府はマイナス改定を行いました。介護現場では、離職者が急増、求人難となりました。2012年は、プラス改定となる見込みです。介護サービス事業者『介護サービス事業者』は、要介護者に提供したサービスの対価(介護報酬)を利用者に請求するのではありません。全国共通書...

≫続きを読む

 

居宅サービスの種類や事業について

居宅介護サービス(居宅サービス)には、5つのサービスがあります。「訪問サービス」「通所サービス」「短期入所サービス」「住まいサービス」「環境整備サービス」です。各サービス中には、さらに数種類のサービスがあります。居宅サービスの内容介護保険サービスを提供する事業者は、大きく2つに分かれます。「居宅サー...

≫続きを読む

 

介護施設の種類や実態について

介護施設の数は、増えましたが今でもまだ不足しています。しかし、政府は増加には消極的です。高齢者の介護の基本は、在宅と政府は考えているためです。現在は、民間による「特定施設」や「高齢者向け賃貸住宅」などの需要が高まっています。老人福祉法上の介護施設『施設サービス』とは、自立して在宅では生活することがで...

≫続きを読む

 

介護予防サービスの種類や事業について

介護予防というのは、介護状態にならないようにすること、例え要介護状態になっても悪化を防ぎ、日常生活を続けることをいいます。「介護予防サービス」は、2005年介護予防法の改正時に、創設されたものです。介護予防サービスとは『介護予防』は、「要介護者にならないようにする取り組み」です。1次予防から3次予防...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ