訪問介護員の資格や仕事について

訪問介護員の資格や仕事について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

訪問介護員というのは、介護保険制度の下の資格です。居宅または、施設で身体介護及び家事援助が行えるものです。都道府県知事の指定する「訪問介護員養成研修・2級」を終了して、介護現場に大半が出ます。

 

訪問介護員の資格や仕事について

 

訪問介護員の増員

 

介護保険制度が開始されて以来、課題は現場で直接従事する人材確保が過大です。政府は、介護福祉士にて一本化する方向性を出しました。しかし、需要が供給に追いつかずその案は挫折したのです。比較的短期に資格取得ができる『訪問介護員(ホームヘルパー)』を増員する方向です。

 

ホームヘルパーは、訪問介護を行う資格の一つです。都道府県知事の指定する「訪問介護員養成研修」の終了者をいいます(試験合格性ではない)。訪問介護員養成研修は、市町村社会福祉協議会、農協、NPO法人、介護保険サービス事業者などによって実施されています。どれかを選んで受講すればいいのです。

 

この研修は、3級から1級まで三段階に分かれ、3級は50時間、2級は130時間、1級は230時間の研修が義務付けられています。期間は2級で数ヶ月、1級で半年程度です。

 

スポンサーリンク

 

まずは2級の取得から

 

ホームヘルパー1級取得者は、ケアマネージャーなど上位職を目指せます。2級取得でないと、1級は受講できないのです。そこで、まず2級を取得して1級へ進むのが通常のルートです。3級は短時間犬種であり、あまり価値がないのです。なぜなら、介護保険サービス事業者のホームヘルパー募集の資格は、2級取得以上となっていることが多いのです。

 

資格取得後の業務は、1級取得者は、訪問介護事業所のサービス提供責任者となり、後輩の育成指導や利用者とヘルパーのコーディネートなどができます。2級取得者は、訪問介護において身体介護・家事援助ができます。また、老人施設でも身体介護が可能です。

 

しかし、3級取得者は業務範囲が狭いので、訪問介護での家事援助限定となります。この資格は、法的な業務独占資格ではありません。無資格でも介護実務に関わっても罰則はありませんが、有資格者の方が技術や知識で秀でています。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ