ケアマネージャーの受験資格や仕事について

ケアマネージャーの受験資格や仕事について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ケアマネージャー(ケアマネ)の役割は、介護を必要とする人に福祉・医療・保険サービスを提供する仲介者です。介護保険の給付を受けるには、ケアマネとの接触が必ず必要となります。正式名称は、介護支援専門員といいます。国家資格であり、取得は大変です。

 

ケアマネージャーの受験資格や仕事について

 

介護支援専門員の資格

 

介護支援専門員(ケアマネージャー)は、国家資格で介護保険法に基づいて制定されました(1997年より)。その職務は、要介護者の状況を理解して、適切な居宅サービス、施設サービスを利用できるように、要介護者の相談に乗ります。そして、ケアプラン(介護サービス計画)を作成して、居宅サービス事業者との調整を行います。

 

ケアプランが、なければ保険給付は適用されません。要介護者は必ずケアマネと面談して、ケアプランを作ってもらう必要があります。資格は、厳正です。医療実務経験を有する医療関係国家資格保有者(看護師や薬剤師など)が、ケアマネの国家資格を受験可能です。その他にも介護福祉などは、一定以上の経験があればケアマネを目指せます。

 

試験内容は多岐にわたり、合格率は20%ほどです。内容は、「介護保険制度に関する基礎知識」「居宅サービス計画及び施設サービス計画に関する基礎知識及び技能」「保健医療サービス及び福利サービスに関する基礎的知識及び技能」「要介護認定及び要支援認定に関する基礎的知識及び技能」です。

 

スポンサーリンク

 

居宅介護支援事業所

 

ケアマネは、全員『居宅介護支援事業所』に所属します。この事業所は、「要介護認定申請の受付と申請書の提出」「サービスの検討とケアプランの練り直し」「計画に基づいたサービス提供の管理」「サービスの再評価とケアプランの練り直し」などを担当しています。

 

居宅介護支援事業所には、サービス利用者50人に1人の割合で、ケアマネ常勤が義務付けられています。この居宅介護支援事業所は、主には居宅介護サービス事業書との併設型です。一部、問題視されているのも事実です。介護サービススタッフとの連携は、密に取れていいのですが、他の事業者のサービスを要介護者に紹介できなくなってしまうのです。

 

ケアマネの中には、居宅介護サービス事業者とのしがらみを嫌がり、独立する傾向があります(独立ケアマネ)彼らは自ら居宅介護支援事業所を立ち上げます。要介護者の要求に応じて、自由なサービスを選択することができるのです。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ