介護保険法の財源は何か?

介護保険法の財源は何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日本人は、3人に1人が高齢者という時代に突入します。高齢者は増加しますが、介護人の年齢も上がり、家族間での介護が難しくなってきます。社会全体で介護制度を支える仕組みが、必要なのです。

 

介護保険法の財源は何か?

 

介護保険制度への移行

 

従来の保険制度には、医療と介護の間に明確な境界はありませんでした。従って、健康であるが、行き場のない老人などが病院のベッドに長期入院する「社会的入院」が公然と行われていました。

 

さらに、高齢化社会が進み、今や3人に1人が高齢者です。そのために、国民医療費の1/3を高齢者医療費が占めています。認知症介護者や介護の長期化で、財政は健全性を保持していけなくなりました。

 

政府の方策は、医療と介護を区別して、財源を新たに確保して行く対策をとりました。それが、『介護保険制度』です。

 

スポンサーリンク

 

制度の財源

 

高齢者介護は、地方自治体に委ねられていました。従って、行政サービスは差がありました。金銭の負担にも、大きな差が有り不公平感がありました。介護保険制度では、サービスを全国で統一しました。金銭負担も財政上の確保も、国内で共通ルールとなりました。

 

財源に対しては、当初は税金の充当が考えられましたが、景気変動などの影響を受けることを考え、40歳以上の国民全てから一律の割合で徴収する、被保険者制度を発足させたのです。つまり、社会保険方式で財源確保をすることとなったのです。

 

介護保険加入者(被保険者)は、2つに分けられます。「第1号被保険者」(65歳以上の国民)、「第2号被保険者(40〜64歳で生活保護適用者を除く)」です。第1号被保険者は市町村に、第2号被保険者は医療保険の運営者に支払う規則となりました。

 

これだけでは、財源を確保することはできません。半分は公費(税金)で補填されます。国が25%、都道府県が12.5%、市町村が12.5%出し合うのです。今は制度上に問題点が噴出してきました。2012年度改正に向け準備中です。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ