介護予防サービスの種類や事業について

介護予防サービスの種類や事業について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

介護予防というのは、介護状態にならないようにすること、例え要介護状態になっても悪化を防ぎ、日常生活を続けることをいいます。「介護予防サービス」は、2005年介護予防法の改正時に、創設されたものです。

 

介護予防サービスの種類や事業について

 

介護予防サービスとは

 

『介護予防』は、「要介護者にならないようにする取り組み」です。1次予防から3次予防に分かれます。1次予防は、活動的高齢者対象に行うもので、生活機能の維持向上を行います。2次予防では、要介護になる可能性の高い虚弱体質高齢者(特定高齢者)を早期発見して対処するものです。3次予防は、要介護になった高齢者の状態改善や、重症化予防を行うものです。

 

介護予防事業は、1次及び2次予防を重点的に実施するとなっています。『介護予防サービス』は、「地域包括支援センター」が中心で運営されます。同センターは、市町村ごとに設置され、「地域住民の保険・福祉・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関」です。保健師・主任ケアマネ・社会福祉士それぞれが、相互に連携して業務に当たり、各々が専門的に対処します。

 

介護予防サービスには、「訪問型」「通所型」の2つがあります。前者は、看護師・保健師・理学療法士・作業療法士などが居宅訪問してそれぞれの専門性に応じた指導を行います。(体操、生活指導、栄養)。後者は、団体での例えば転倒予防教室などのトレーニングや指導、認知症予防やうつ病支援などを行います。

 

スポンサーリンク

 

介護予防サービスの課題

 

まず、特定高齢者の発見が重要です。しかし、地域包括支援センターの準備・設置は遅れています。65歳以上の人口に対する特定高齢者は、5%と政府は予測していますが、自治体では半分も把握できていません。予防給付の実態も、当初予算の505前後という自治体が多数を占めます。

 

政府はまた、高齢者が介護予防サービスを受けるとしていましたが、利用は進んでいません。内容には、高齢者が聞いただけでも敬遠する筋トレなどが含まれているものもあるからです。

 

 

介護予防サービスでは、保健師、ケアマネ、社会福祉士の専門性を活かして連携して業務が行われる。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ